EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

タグ:iPhone

この世の中、



死ぬべくして死んじゃう人もいるし、
こいつ死ねよ、って皆に憎まれながらも長生きしちゃう人とか、

いろいろいるけどさ。



何故この人が死ななくちゃならなかったんだ

っていう不公平な「神様の待ち行列」もあったり。



かくも軽い存在な我々だから、ひとりひとりの人生に意味があると思う方がむつかしい。
だから、各々が好きに、そして精一杯、意味づけをしていくよりない。

人生は意思ある人のためのものだ、と信じている。



だけども時折、疲れ果て面倒臭くまどろっこしくなって、自分を不公平な待ち行列の前の方に入れてくれてもぜんぜん構わないんだけどな、それで誰かの順番が遅れるんなら、なんて思うことは、ままある。




なんて、何を思ったところで、人生は意地悪に続いていくわけで、ならばと自分の頬を引っ叩いて気合い入れて。


そういう浮き沈みの繰り返し。



どのみち時は流れるのだし。


しかし本当に、


何が楽しくて煙草なんか吸うのか。


何が楽しくて酒なんか飲むのか。




何が楽しくて野良猫に餌あげたりするのか。




何が楽しくて写真なんか撮るのか。





何が楽しくて生きてるのか。


俺たち。







雨だけど出かけた。家にいると頭がグルグルして、よくないので。






水たまりに雨がポタポタする様を撮りたくて、傘を差さずに歩いていたので(傘をさすと、雨粒が落ちてこないし、光も遮るので、撮れないから)、また風邪が悪化しそうな気配を感じ、帰りはパンチョでニンニクガッツリのスタミナナポリタン食べて帰りました。

風呂入って寝ます。では。




個人的に殆どノーマークで前回の記事でも全く触れなかったが、富士フイルムのX70がなかなか売れている、らしい。

X70。ファインダーなしで小型だけどAPS-Cセンサー搭載、35mm換算28mm F2.8の単焦点レンズ。スペック的には完全にリコーのGRをターゲットにしてる様だけども、軍艦部にシャッタースピードのダイヤル、レンズに絞り輪があるあたりは、従来のXシリーズを踏襲している。


かと思えば液晶がタッチ式で、フォーカス、レリーズもタッチで操作できるあたり、iPhoneというかスマホ的でもある。
ぼくは随分前に「iPhoneographerに勧めたいX30」という記事を書いたけども、今ならX70勧めた方がいいのかな、と感じないこともない。事実、iPhone6Sの画角は28mmだし、F2.2という明るさも遜色ないし、違和感はあまりなさそうな気がする。


そして、別売りの光学ファインダーがものすごく格好いい。これ付けるとカメラと合わせて10万近くなってしまうけど。

だとしても、やっぱりこれを大推薦する気にはなれないのは、「だったらiPhoneでいいじゃん」となるからで、これは、一眼レフ持ってて、サブ機にスマホを選ぶ気にはなれない人のための、今どきのカメラ、な感じもする。


最近、山で写真を撮ることが多いが、ピーカンの中、iPhoneで写真を撮るのは結構難しい。液晶画面を見ても反射してよく見えなくて、雲が白飛びしてるのかどうかもよくわからないままに、シャッターを切る羽目になる。結果、アンダーな写真を連発している。もともとアンダー気味な方が好きだからまだいいけども、ちょっとストレス。


なのでやっぱりカメラ買うとしたら、ファインダーがある方が、個人的には好きだ。ファインダーが必要ないところなら、iPhoneでいい。GR的にストリートを撮るなら、個人的には全然iPhoneで構わない。


しかしながら、富士はなんでX30やめてしまったのかなあ。X70は決してX30の後継機種ではない。
X30が売れなかった理由はハッキリしていて、ソニーのRX100が大当たりして、1インチセンサー、というものに皆が注目して、各社1インチセンサー機種を発売する流れの中で、X30は前モデルと同じ2/3センサーで発売されたからだ。
これが1インチだったら、今でもRX100やPowershotなどの比較対象になれたと思う。


もっとも私見であるが、撮れる写真を見たら、1インチである必要はないし、恐らく開発者もそれを確信していたに違いないのだが、買い手から見るとスペックで選ぶしかないから仕方ない。例えばカタログ上、レンズが開放F1.8なんて明るいとしても、それはワイ端の時だけで、少しズームしたらF2.2とかになってしまうのだが、カタログにそういうことは記載されないし、そこを読み取れというのは難しかろう。仕方ない。


そんなわけで僕自身は、前回の記事にも書いたとおり、一通りのカメラを触ってきて、いったんリセットするのに全部手放して、その上で自分が欲するモノがハッキリしてきたので、そのうち中古のX30を買うかも知れないかな。
実はX30を所有していた期間がものすごく短くて、以前何色を持っていたのかも忘れているし、バッテリーやプロテクトフィルターはろんすたさんにプレゼントしてしまった笑。けども。

今回も写真は全てiPhoneです。アプリは645Pro、Microsoft Pix、純正カメラアプリ。ではまた。


このページのトップヘ