EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

タグ:富士フイルム

先日、富士フイルムの新しいカメラ「X100V」のプロモーションビデオが公開された。プロモーションには鈴木達朗氏が起用され、動画で明らかにされたその撮影スタイルが波紋を呼び、メーカーは動画を削除して謝罪、鈴木氏自身もツィッターを鍵アカウントにする、という事態になった。

僕自身、ストリートスナップを撮る人間でもある(あった)が、色々と思うところあり、写真から距離を置いている。その事とも大いに関係する出来事であったので、久しぶりに記事を書く。

まず、なぜ富士フイルムはこの動画で問題ないと判断したのだろう。
肖像権を巡って、ストリートスナップの是非はここ何年も議論されている。僕自身の個人的な結論は、ストリートスナップに(表社会での)未来はない、ということである。最早、ストリートスナップを撮ることは、一部では犯罪と断定されつつあるのだ。
勿論、現時点でそういう法律が新たに作られたわけではない。だが先々、この手の規制が厳しくなることはあれど、緩くなる事は最早、ないだろう。
そんな中で、カメラメーカーであり、ギャラリー等も擁していて、写真文化自体に詳しいはずである富士フイルムが、この動画を公開することで社会にどういう印象を与えるのか、想像も出来なかったのだろうか。まるで富士フイルムは、一連の議論にとどめを刺して、ストリートスナップを殺したかったのではないか、と思えるくらいだ。
そうではなくて、昨今の大手企業同様、非採算部門は人手が少なく、経験の少ないサラリーマン社員だけで仕事を回した結果がこれなのだろうか。あり得る話ではある。

そして鈴木達朗氏である。彼の写真は世界的に評価されている。その写真がどういう手法で撮られているのかは、あの動画を見るまでもない。遠慮なく言わせてもらうが「犯罪ギリギリ」のところで撮られているのだ。だからこそ評価されている。希少だからだ。
つまり彼のアートというのは、どう考えても「決して表社会に立てない」ものであって、国内で知名度を上げずに海外でやっている分には良いが、日本国内で今回のようなプロモーションがなされれば、どういう事になるのか、彼自身が気づいていないはずはない。なのに、何故この仕事を請けたのか。
それとも、そこまで考えが及ばぬほど生粋の馬鹿で、今までの撮影も全て「本能」のみに突き動かされて「たまたまセーフだった」成果なのか。

いずれも表向きは、一流のカメラメーカーと(あえて言うが)一流のストリートスナッパーだ。もしやるのなら、もう少し策を練って欲しかった。彼らは完全に、あらゆるストリートスナップの道を断ってしまったと言えるだろう。
アサヒカメラでは昨年何度か、ストリートスナップの肖像権に関して記事を組んでいたが、こうなってしまっては最早詭弁でしかないし、もし今後同じ特集を組んでも、犯罪幇助と取られかねないだろう。本当に残念だとしか言えない。

ストリートスナップの使命は、文化を後世に残す事にあると思っている。僕は「昭和の東京」とか、そういう写真集を見るのが好きだ。そこに記録された、当時の街並み、当時の人たちの暮らしぶり、豊かな表情。そういうものは、誰かが残さなければ、決して残らない。
昔は一部のお金持ちだけが、カメラを所有できた。写真家として名を残している人たちは、大概どこかのボンボンである。言ってみれば昔の記録写真というのは全て「上から目線」で残されたものばかりだ。アメリカが日本の統治後に町並みを撮った写真などもいい例だろう。
今はそういう時代ではない。
誰しもが写真を撮る。
殆どの携帯にカメラが搭載されているのだから、街にいる人たちの殆どがカメラを持っている。
そして街中でシャッター音が響いた途端に、通報する人が現れる。

一方で、街のあらゆるところに監視カメラが、車にはドライブレコーダーが備え付けられている。それらのデータはクラウドを介して集められる。それに文句を付ける人はいない。そこには人間の意図が介在しないからだ。そこに意図が介在することに、人は拒絶を示す。
将来のストリートスナップの写真集は、GoogleやAppleが編纂・発行することになるかも知れない。

何故、こんな世の中になってしまったのかといえば、テクノロジーを悪用する人間がいるからである。携帯やアクションカムやドローンで、盗撮を行う人間というのは間違いなく存在するからだ。
そういう人間のせいで、街中でシャッターを切る人間は全て「容疑者」となる。
市井の人間が、同じ市井の人間の「疑わしき」を罰する社会になってしまった。本当に悪事を働いている、例えば政治家のような人間は野放しなのに。

なんて嫌な社会だろう。写真に残す価値はあるのだろうか。僕はこの頃、本当にそう考える。

僕のような人間は、写真に距離を置くことで対応する。だが鈴木氏は逆であった。余計に社会と敵対する。彼の写真の根源にあるのは「怒り」だ。写真を見れば明らかだ。意図を伝えるのがアートの使命だとすれば、彼の作品はだからこそ一流のアートとして評価される。

なので余計に、何故今回の仕事を請けたのか、僕にはさっぱりわからない。こんなことになってしまった以上、彼がこれを続けることは出来ないからだ。もしかするとここいらで、誰かにストップをかけて欲しかったのだろうか。欲求というのはエスカレートするものだ。もっと、もっと、という気持ちが我々を動かす。ストリートスナップを撮ったことのある者ならわかるはずだ。
鈴木氏はアクセルを踏み続けて、止まるに止まれない状態だったのだろうか。そんな勘ぐりもしたくなる。

さて、それでもストリートスナップを撮りたいと思う人がいるのだろうか。はっきり言ってこれは裏稼業だ。表舞台には立てない。逮捕されるかも知れない。それでも価値があると思う人だけが、それをやることが出来る。頭がおかしいと思われようが、キモいと言われようが。
今や、そういう覚悟を持って取り組まなければ、ストリートスナップなど出来ない。


個人的に殆どノーマークで前回の記事でも全く触れなかったが、富士フイルムのX70がなかなか売れている、らしい。

X70。ファインダーなしで小型だけどAPS-Cセンサー搭載、35mm換算28mm F2.8の単焦点レンズ。スペック的には完全にリコーのGRをターゲットにしてる様だけども、軍艦部にシャッタースピードのダイヤル、レンズに絞り輪があるあたりは、従来のXシリーズを踏襲している。


かと思えば液晶がタッチ式で、フォーカス、レリーズもタッチで操作できるあたり、iPhoneというかスマホ的でもある。
ぼくは随分前に「iPhoneographerに勧めたいX30」という記事を書いたけども、今ならX70勧めた方がいいのかな、と感じないこともない。事実、iPhone6Sの画角は28mmだし、F2.2という明るさも遜色ないし、違和感はあまりなさそうな気がする。


そして、別売りの光学ファインダーがものすごく格好いい。これ付けるとカメラと合わせて10万近くなってしまうけど。

だとしても、やっぱりこれを大推薦する気にはなれないのは、「だったらiPhoneでいいじゃん」となるからで、これは、一眼レフ持ってて、サブ機にスマホを選ぶ気にはなれない人のための、今どきのカメラ、な感じもする。


最近、山で写真を撮ることが多いが、ピーカンの中、iPhoneで写真を撮るのは結構難しい。液晶画面を見ても反射してよく見えなくて、雲が白飛びしてるのかどうかもよくわからないままに、シャッターを切る羽目になる。結果、アンダーな写真を連発している。もともとアンダー気味な方が好きだからまだいいけども、ちょっとストレス。


なのでやっぱりカメラ買うとしたら、ファインダーがある方が、個人的には好きだ。ファインダーが必要ないところなら、iPhoneでいい。GR的にストリートを撮るなら、個人的には全然iPhoneで構わない。


しかしながら、富士はなんでX30やめてしまったのかなあ。X70は決してX30の後継機種ではない。
X30が売れなかった理由はハッキリしていて、ソニーのRX100が大当たりして、1インチセンサー、というものに皆が注目して、各社1インチセンサー機種を発売する流れの中で、X30は前モデルと同じ2/3センサーで発売されたからだ。
これが1インチだったら、今でもRX100やPowershotなどの比較対象になれたと思う。


もっとも私見であるが、撮れる写真を見たら、1インチである必要はないし、恐らく開発者もそれを確信していたに違いないのだが、買い手から見るとスペックで選ぶしかないから仕方ない。例えばカタログ上、レンズが開放F1.8なんて明るいとしても、それはワイ端の時だけで、少しズームしたらF2.2とかになってしまうのだが、カタログにそういうことは記載されないし、そこを読み取れというのは難しかろう。仕方ない。


そんなわけで僕自身は、前回の記事にも書いたとおり、一通りのカメラを触ってきて、いったんリセットするのに全部手放して、その上で自分が欲するモノがハッキリしてきたので、そのうち中古のX30を買うかも知れないかな。
実はX30を所有していた期間がものすごく短くて、以前何色を持っていたのかも忘れているし、バッテリーやプロテクトフィルターはろんすたさんにプレゼントしてしまった笑。けども。

今回も写真は全てiPhoneです。アプリは645Pro、Microsoft Pix、純正カメラアプリ。ではまた。



ズミクロン。ズマリット。ズマロン。ノクチルックス星雲。ズマール星人。エルマー星人。
ライカのレンズってどうしてもウルトラマンタロウあたりに出てくる怪獣の名前に思えて仕方ない。
自分の手持ちの中で唯一のライカレンズ、ズミクロン50mm f2、沈胴式の初期型。
ライカに付けて使うにはいいけども、X-T1に付けると換算75mmとやや望遠気味になって、それが自分にとっては難しくてなかなか出番のないレンズなんだけど、今日は気分転換に付けて歩いてみた。


シリアルナンバーからすると1956年製のレンズなんだけど、個人的には改めてビックリする、ちょっと絞ったときのシャープネスとコントラスト。


それでいて絞り解放のときの艶めかしい感じ。


ライカのレンズって一言にはくくれないキャラクター揃いなのは知ってるけど(やっぱり怪獣っぽい)、このズミクロンもちゃんとライカのトーンに見える、っていうかそうなんだから当たり前田のクラッカーだけど、兎に角、まあそういう感じで。


もう少し持ち出す機会を増やさないと勿体ないな、と思いました。

今日出かけたのは、例のプロジェクトの残課題の解消に向けて友達と会ってたのですが、おかげさまでものづくりは連休中に片がつきそうな気配で、そろそろ情報小出しにしてもいいかなー、とか考えつつ(つっても肝心の撮影がこれからだけども!)今日はこれまで。



"Staring at the sea"

先日、富士フイルム主催の『"PHOTO IS"想いをつなぐ。30,000人の写真展2015』を六本木のFUJIFILMスクエアまで見に行った話はしましたけど、ま、不肖私も上の写真を出展してたのですよね。

で、あれはみんながひとりひとりの写真に感想を渡せる仕組みがありまして、「絆ポスト」って言うんですけど、その感想カードが昨日届きました。
あんだけ出展数があって、さすがに感想とか全く期待してなかったんで、嬉しかったです。どなたか存じぬが、ありがとうございました。




もう幾分日にちが経ってしまったけども。先日、富士フイルム主催の『"PHOTO IS"想いをつなぐ。30,000人の写真展2015』を六本木のFUJIFILMスクエアまで見に行きまして。

あれだけの展示点数がテーマ不問で並ぶ、っていうのがまず凄いですが、日常のゆるーいスナップ、モデルを配したポートレート、本気の風景写真とかが並置されているという状況の中では、何故か本気の写真ていうのは、何だか場違いに見えてくるから不思議なもんです。
エントリー方式が一人一枚なので、複数枚展示するために、姓名の名だけ変えて出してる人を何人か見かけたんだけど、これまた何故だか印象がイマイチで。写真の良し悪し以前にそういうセコさが嫌なんだろうな、自分、多分。

そんなことと関係あるのかないのか、個人的に一番よかったのが小学生たちの写真。作為性のなさか、被写体の自然さなのか。子供は凄いよ。


子供に戻りたい。叶わぬことですが。

ではまた。

このページのトップヘ