EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

タグ:写真展

IMG_0144


先日、友人のうっちーこと内野知樹さん、そして岡紀彦さん、みのもけいこさんのグループ展「裏話のある写真展」を観に、埼玉の霞ヶ関駅そばのKalaftaさんへお邪魔しました。

お邪魔した日はたまたまご三方勢揃いで、各々と写真について色々お話しできてよかったです。

写真展に足を運ぶのが久しぶりで、皆さんと話しながら思ったのだけど、写真について感じたことは、ちゃんと言葉にした方がよいな、ということで、今回の感想を記事としてまとめてみようと思った次第です。


まず岡さん。

岡さんの写真は、色と構図のバランスがとても素晴らしかった。人の写真を観て「ああ、いいなあ」と感じたのは、物凄く久しぶりでした。ある1枚の写真について、あまりに素晴らしいのにプリントサイズが小さいな、と思って、僕ならこういう構図にしてこれくらいのサイズでプリントする、と意見させて頂きました。と言っても、自分の表現ならこうする、という話で、そうしなかった、というのが岡さんの表現であり、正解はないのだとは思うのですが、この写真に関しては、他の写真にはタイトルが付いているのに、これだけなかったり、岡さんの、この写真に対する迷いのようなものが垣間見えたので、思い切って言わせてもらいました。岡さんはインスタもやられていらっしゃるのですけと、この写真は上がっていないし、そしてこの写真は多分、プリントでないと良さが伝わらないと思います。なので出来れば皆さんに、実物を観て欲しいです。

ちなみに岡さんはイケメンで、イケメンでこの写真、という事実は、実は凄く(自分の中で)評価に影響しているのではないかな、と思ったり。というのは、岡さんがカメラ好きでずっと撮り続けている60歳くらいの人、だとしたら、これほど良いと感じたかな、と少し考えたからです。多分僕だけですね、すみません。とにかく物凄く巧いのでこの先、巧さに負けないといいなあと思いました。


次にみのもさん。

みのもさんはご近所の夕日の見える場所の写真を展示されていらっしゃって、金網越しの風景なのですが、プリントサイズが小さいものから大きいものまであり、純粋に1枚の写真として観た場合に、何故これが大きくて、何故これが小さいのかわからなくて質問させて貰ったのでした。何故かというと、展示されている写真には(みのもさんの作品に限らず全て)値付けがされており、物理的に大きい写真が高い値付けだったからです。すると、写っている金網のサイズがなるべく実物大になるように揃えた、という説明を頂いて、腑に落ちまして、それを聞いてから改めて観るとぐっと見え方が違ってきて、聞いてみてよかったと思いました。

たまたま、展示されている写真群とは別の写真群が置かれていて、そちらは、1枚1枚の写真としては展示されているものより個人的には良い写真だと感じたのですけど、お話を伺うと、たまたま仕事で広島を訪れた際に、少ない時間で撮られた写真なのだという。確かにそのような写真の場合、展示するテーマとしては弱いと感じるかな、というのは個人的にも理解・共感できました。ただ、今回の写真展が「裏話のある写真展」いうことだったので、そういう話も含めて、これを展示しても良かったのではないかな?と思ったのは事実。ただこれもやはり、正解はないのだと思います。


最後にうっちー。と呼ぶとちょっと失礼なので、以下内野さん。

内野さんの写真はいくつかのシリーズがあるのですが、例えば「武蔵野写真」という一連のシリーズについて言えば、写真1枚1枚にさしたる意味はないけれども、連続してそれを撮っていること、そしてそれらをまとめて展示すること、そこに意味が生まれる。対して「ほころぶ」というシリーズについては、もう少し1枚1枚に作品性があって、しかしそれらも、まとめて展示されたときにまた一つ裏の大きなテーマが見えてくる。そういう展示を、なんだかんだ定期的に続けていて、えらいなあと思うことしきりであります。ただひとつ思うのは、この表現の向かう先は何処なのだろう、ということです。

武蔵野写真はいくつかの定点での写真を撮り続けていて、恐らくそこに2019年、2020年の写真が加わっても、観ている方は気づかない。例えば、畑がマンションに変わって、いきなり定点のど真ん中にマンションが現れると、これは大きな変化であるけれども、ルポルタージュ的な意味が強くなる。まあ、そういうタイムレスなモザイク感を狙っているのかな、とも思うのですが、だとするともう殆ど完成しちゃっているシリーズなのかなと。畑をずっと撮り続けていて、リセットされた畑(そういうの何ていうんでしたっけ。語彙がないな)はあるんだけど、収穫の風景はあんまり無いな、とか、長年観てるとそういう内野さんの虚無感を垣間見たりしてるわけですけども。

他の人が真似できないほど長い間、撮り続けているアドバンテージ・強みはあるけれど、さて次は、というのが、長年内野さんの展示を観ていての、一個人としての感想です。これもまた、正解はないんですけども。


そんなこんなで物凄く刺激になったのであります。グループ展というのも悪くない。自分も、観る方が脳を揺さぶられるような、振れ幅の大きいグループ展をやりたいなあ、そう思いました。

Karafta でのこの展示、5/26(日)まで開催されていますので、この週末お時間のある方は是非足を運んでみて頂ければと思います。


Karafta 〒350-1101 埼玉県川越市的場2361−14


Karaftaさんは家具・雑貨のお店なので、オリジナルの可愛い縫いぐるみも売ってます(ターナーさん、って名前らしいです)。可愛くて思わず、自分も買ってしまいました。ファンシーおじさん。

店主が音楽好きで自作のギターを飾っていたり、あとBGMが個人的にツボで、デヴィッドボウイの”Quicksand”の外国語カヴァーとか、ザ・スミスの”The Headmaster Ritual”のカヴァーとかが気になって耳が行ってしまい、いやもう少し集中して展示観ようと思ったらブランキーの「脱落」が流れて観るどころでなくなったのは内緒です。


IMG_0172


ところでポストカードの発送、ちょっとお休みさせて貰っていてごめんなさい。写真止めたわけではないので、少しお待ちを・・・。


岡崎から東京に遊びに来た友達が、東京オペラシティ アートギャラリーに、ライアン・マッギンレーの写真展を見に行くのだ、と言うので、ついて行った。 

最初「ライアン・マッギンレーの写真展」というのが「雷山銀嶺の写真展」と聞こえ、仏像か山でも撮りまくっている写真家かと思った程度に、ライアン・マッギンレーのことを知らなかった。 
が、あとで思いだしたのだが、自分はこの記事をだいぶ前に読んでいたのだった。 

ライアン・マッギンレーより、若き写真家たちへ贈る言葉。 

展示の最初の部屋には、裸の若者のポートレートが並ぶ。 
いま「アメリカで最も重要な写真家」と評価される写真がこれなのか、と正直釈然としない思いのまま、次の部屋へ。 
次の部屋には、大自然の中、河に浮かぶ流木や、氷河の上に、全裸のモデルを配した写真群が。このシリーズは説明不要で直感的に、いいなと感じた。 

そんな展示の中に一枚、"Morrissey"というタイトルの写真があった。 
"Morrissey"、というのは、80年代、その人気の絶頂期に解散したマンチェスター出身のバンド「ザ・スミス」の元ボーカリストであり、現在もソロで、第一線で音楽活動を続けている「モリッシー」のことだ。 
ザ・スミスはモリッシーという類い希なる詩人と、ジョニー・マーという、80年代、エレポップ全盛、ギターロックと言えばLAメタルなんかが活発だった中、リッケンの12弦なんかを抱えて異彩を放つギターヒーローがフロントマンだった。
活動歴は五年ほどだったが、影響を受けたミュージシャンも多く、今なお伝説のバンド的に評価され続けている。
僕は高校生の頃、リアルタイムでその解散に至るまで、ザ・スミスの(わりかし熱狂的な部類の)ファンだった。 ザ・スミスがリリースしたレコードのジャケットは全て、テレンス・スタンプや若き日のジェームズ・ディーンなどのポートレート写真が使われており、それは全てモリッシーのチョイスによるものだった。

帰りに購入した写真展の目録を読むと、ライアンはモリッシーのツアーに同行し、その時の一連の写真を"Morrissey"というテーマで発表しているようだ。 
そういった事を知ると、一連のポートレートのシリーズの意図するところが、自分なりに理解できた気がして、そしてまたなんとなく、親近感も覚えた。 

冒頭のリンク先に、ライアンのこんな言葉がある。 
「何か没頭できるものを見つけて、それにこだわること。誰かと張り合ったりせず、自分らしさを見つけること。自分の人生で経験したことを撮って、写真史の知識と結びつけること。そしてそれら全てを混ぜ合わせて、あなた以外の人も入れるような、芸術的な世界をつくり出すことです」 


写真展の客層は実に様々だった。ミッドタウンという場所もそうだが、「アメリカで最も重要な写真家」というお墨付きをもらうというのは、こういうことなのか、と感じた。 
ライアン言うところの「あなた以外の人も入れるような、芸術的な世界をつくり出すこと」という言葉の、まさに実践例を見せつけられた。 

そこに一歩でも近づく事ができるのかわからないけど、この言葉は忘れず心に留めておこうと思った。 


SHUTTER HOLICの窓からの景色。

初めての個展が終わった。後半は自分も落ち着いてきて時間もあったので、色々なことを考えた。熱の冷めないうちに書き留めておきたい。

来場者はトータルで20人行かなかったんじゃないかと思う。これは単純に失敗だったと言っていい。勿論、無名の写真家の初個展だし、そんなものだと言われたらそうなのかも知れないけれど、僕自身今回のテーマは他に類のないものに取り組んだ自負もあったし、写真そのものは一定のレベルに達していたつもりもあったし、大きな雑誌やサイトに告知もしてもらえた。少なくとも、足を運んで頂き、作品を見て頂いた人たちには、何らか印象に残せるものにしたつもりだ。けれども足を運んでもらわないことには、何も始まらない。
これは東京以外の土地で個展をやるということがもうダメなのか、自分自身が思うほどには良い展示ではなかったのか。世の中、地方都市でも千人くらいの来場者のある個展だってあろうから、必然的に後者ということになる。なので、この結果は大いに残念です。

集客を考えるのは難しい。単に増やす方法論というのはあると思うし、ある程度確立されたやり方もあると思う。あくまで一例だが、今回知人が多数来てくれたのだから、ネットのフォロワーなりなんなり、知人を増やせばその分何割かは増やせるのだと思う。だけど自分がしたいことというのはそういうことなのか、大いに悩む。とはいえプロモーションというのは必要な行為で、しかしそのやり方に悩む。
このことは次の機会までに、よくよく考えたいと思う。

そしてテーマの立て方。今回のテーマは僕自身のとても個人的なことがらに端を発している。そこをあんまりハナから詳しく説明する形を避けた。自分にとって完全なテーマがあったとして、他の人が見るときにそれを知らなくとも、別の解釈であっても、楽しめるものにしたかった。勿論、求められたときにはきちんと説明したけれども。
でもそこはやっぱり、自分も人も同じように見れる、共感できる形の方がわかりやすいであろうことは想像に難くない。だけど、ザ・ポリスの代表曲が骨抜きポリスみたいな『見つめていたい』なのはなんか残念なのだ。とはいえ、ザ・ポリスも、すっかりポリスをやり尽くして、ポリスというものを世に浸透させた上での『見つめていたい』だったことを考えると、ここは暫く我慢というか、自分を貫き通す強さを培う時間、が必要なのかなあ、などと思った。わからん人にはわからん喩えですみません。ま、まさにこういうとことかですね。わかりづらい。

ところで期間中、シャッターホリック店長のろんすたさんが、新人格闘家の話をしてくれた。曰く、初の試合に向けて、減量頑張って、テンション持っていく努力をして、それで試合が終わると、すっかり抜け殻みたいになってもう止めちゃう人がいると、そういう話をしてくれて、その気持ちが物凄くよくわかった。僕も、次のテーマはもう決めてあるけれど、今はすっかりライフ0だし、どこで復活できるのか、という気持ちではある。

とはいえ、負けても負けても続けない限りは勝つチャンスがない。先も厳しいのはよくよく理解した上で、次は絶対に、よりよいものにしたいと思う。

ご来場頂いた方々には、本当に感謝致します。新たな良い出会いもあり、知己の人々とも、より深い話を出来た瞬間もあり、そこは本当に、個展をやった価値があったと感じています。本当にありがとうございました。





2/5(金)から始まった人生初個展、土日を終えて・・・ここまで何だか緊張で全然余裕なく、昨日も今日も人生上かつてないほど胃がキリキリ痛むし、とはいえまあ少し落ち着いたので、まだ途中ですが、感想など。

この3日間、北は仙台から南は広島まで、知人の皆様にはるばる遠いところから来て頂いて、本当に有難かったです。
その他だと、Twitterなどで相互フォローしていたものの、ネット上ではあまりやり取りがなかった方にも何人かお会いできて、それも非常に嬉しかったです。実際にお会いして話をするのは、ネットとはもう全然違いますから。

ただ一方で、幾つかのメディアに開催のお知らせを掲載頂いて、全く僕を知らない方がそれらを見て来て頂ける可能性、ホンの少しはあるかなあと期待しましたけど、それは今のところ殆ど効果ナシで、まあ改めて、そういうものか、と再認識。その辺は終わったあとまた整理して、次に生かしたいなと。

明日からはまた平日で、来場頂ける方も少なかろうとは思いますが、残り2日間、2/9(火)まで開催致しますので、何卒宜しくお願い致します。





岩手行ったときとまた同じように、職場から夜行バス直行。東岡崎に向かうバスの中で書いてます。

バスが向こうについたら数時間後には個展。始まる前に、各方面への謝辞を述べさせて頂こうと思ったので、眠りにつく前に。

まず第1に、六つ切プリントを最高に素晴らしい仕上がりでプリントして頂いたマッキナフォトグラフィカエンスージアスタの橋口店長。途中でどうしても一部、調子を変えてプリントしたくなったりとそんなお願いに応えて頂いたり、本当にありがとうございました。

次にパネル印刷、DM、名刺を作成頂いた印刷通販アルプス様印刷の通販グラフィック様ビスタプリントジャパン株式会社様、慣れない入稿の校正等、大変助かりました。ありがとうございました。

それから、僕のような無名写真家の個展開催案内記事の掲載を快諾頂いたデジカメWatch様アサヒカメラ様、心より感謝致します。ありがとうございました。

勿論忘れちゃいけない、SHUTTER HOLIC店長ろんすたさん。ありがとうございます。着いたら沢山話しましょう。

そして最後に、開催前から来場頂ける旨連絡をくれた友達のみんな、行けないけど頑張ってと声をかけてくれた友達のみんな、製作中やりとりしてくれた友達のみんな、全員に感謝します。みんながいなかったら本当、今頃どうなってたかわかんないんだ、俺は。本当にありがとう。

それでは、楽しんできます。



このページのトップヘ