EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

タグ:写真家

FullSizeRender

今、この状況下で、こういう記事を書くのは後出しジャンケンみたいでどうかとは思う。が、ここで思ったことを書かないと、この先書く機会は多分ないし、何せ写真をやっている人でこれについて書いている人が少ない。立場的に書けない人もあろう。だから書く。
アラーキー、こと、荒木経惟氏の事である。

僕は、荒木経惟氏の写真に何らの感慨も抱いたことがない。つまりその良さがわからない、という意味だ。しかしそれは、氏の写真家としての資質を疑う、という意味ではない。
何せ氏は、長年に渡って、恐らく日本で一番の知名度を持つ「写真家」である。だからそこには、僕が知らない写真の価値があるのだろうと思い、氏の著作も何作か読んだ。写真家の心構えたるものや、創作の秘密、に触れたかったという事もあった。しかし、わからなかった。

だが知っての通り、写真集のコーナーでもよいし、アート系の雑誌でもよいが、荒木経惟氏の名前はかなりの頻度でクローズアップされている。それはすなわち「人気がある」「需要がある」「売れている」ということに他ならない。

例えば、同じくらい長年に渡り、第一線の写真家として活動されている森山大道という人も、荒木経惟氏の次くらいに露出が多い写真家だ。しかし雑誌が森山氏の特集を組んだとして、やはり表紙になるのは氏の「写真作品」であり、氏のポートレートではない(勿論ゼロではないが)。
対して荒木氏の場合は、彼自身のポートレートである場合も、多い。

それで僕が出した結論は、荒木経惟氏のアートというのは写真に限定したものでない、氏自身のキャラクターや語り口、生き様が混然一体となった、キャラクタービジネスなのだと。つまりエンターテイナーである、と。

そのような個人的な認識を前提として、彼のモデルを長年勤めたKaoRiさんのこの記事を読んだ。

その知識、本当に正しいですか?


二度ほど読んでまず思ったのは、えらく醜悪な話である、と。まずそう感じたのは間違いなかった。

しかしその上で、同じくらい僕が感じたのは、日本一の知名度を持つ写真家の、レギュラーの被写体になること、彼女がその道を選んだときに、その先に待つであろう未来、つまりモデルとして知名度が上がり、自分自身の評価が上がる、そういうことを夢見なかった訳ではないだろう。それに伴う代償というものも、少からずあろうということで、それは彼女の想像を遥かに超えていたかも知れないが、何故、そういう想像力が働かなかったのか。何故、今になってこの話を暴露するのか。率直に言うとそのように思ってしまった。

そう思ってしまった理由は上述の通り、僕が荒木経惟氏を「エンターテイナー」「ショービズの人」と定義していたからである。
つまりショービズの世界であれば、こんな話は世界中に、それこそ今アメリカで、たくさんの大物がセクハラを訴えられている通りで「当たり前の話」と思っていた、からである。
そういう感覚を持っているのは、僕だけではないだろう。

しかしそれこそが僕の一番の大きな間違いで、今の世界の趨勢というのは、どんな世界であれ、モラハラ・パワハラのようなことは、あってはならないということだ。僕はそれを、前述の記事をFacebookでシェアしたときに、アメリカ人の女性にコメントを頂いて、理解した。

我々は、というと怒られるかな、少なくとも僕は、そのように「それはそういうものだから」と決めつけで物事を見ているふしがある。
けれどもその「決めつけ」こそが、権威を持つ人間を増長させていないか、と思う。

小さな容認が、大きな増長を生む。

それに異を唱える事を止めてしまえば、もう何も変わらない。


そういう気づきを与えてくれたKaoRiさんの記事に本当に感謝するし、また願わくば今回のことが、単なる「アラーキーバッシング祭り」みたいなことで終わらなければよいと思う。

何故ならば、それは、全ての写真家に翻ってくる事案を孕んでいるから。



個展に向けて名刺を作り直した。

以前の名刺の肩書は、"A Photographer, Self-Styled."なんて、まあ自称写真家、そういう言い方をしてたんだけど、今回は大文字でズバリ、"PHOTOGRAPHER"にした。自分自身そう呼ぶ事を、解禁しました。

実際、〇〇になりたい!とか、俺は〇〇だ!とか言ってそうなれなかった場合、バツが悪いとは思うよね。だから皆、なるべくそんなことはおくびにも出さずに、でも夢は見ると思うんだけども。
写真てのは、歌に似てると思うんだよね。歌は誰でも歌える。写真もカメラ持ってシャッター切れば、誰にでも撮れる。
だけど、上手い下手とは別次元で、心を打つ声の持ち主っているわけですよ。それが持って生まれたもの・天性のものだとしたらもう、その人は鼻歌でだって人の心を鷲掴みにする。写真も多分一緒で、そんな目の持ち主なら、日常の些細な場面ですら素敵に撮れるんだと思うんですね。
そうではなくて、技術はないんだけど、ただただ懸命に歌う歌い手もいる。その姿や振り絞る歌声に、心を震わされることもある。少し前にU2の歌詞をモチーフに記事を書いたけど、U2のボノなんて典型的で、若い頃の彼は決して美声ではないのに、その必死な歌に皆、感動させられたわけで、がしかし、同時にそういうクサさを嫌う人も沢山いて。

僕みたいに天賦の才能がない人間が写真家を名乗るからには、ボノぐらい遮二無二やらんと、絶対に人の心を捕らえるものなんて撮れやしない。いやあ写真なんてホンの趣味でして・・・なんて態度でやっていけるとは、自分の年齢・技量を思うとこれっぽっちも思えないし、自分の力の限りを尽くせばいつか必ずすごい写真家になれるはずだ、なんて楽天的な事も考えづらい。デカいこと言って後ろ指指されるのが関の山、というかそれはまだいい方で、最悪なのは誰からも鹿十されたまま終わってしまう、それが一番辛いことだと思うんだけど。

4年も写真とブログをコツコツ更新し続けてると、Googleさんにも、"Keisuke Takahashi Photography"で検索すれば、自分のことばかり上位に出して頂ける。継続は力なり。"Photography"を入れないと「頭文字D」に惨敗だけども。でもさ。
そんだけやっても、ブログの検索ワードに自分の名前なんか入った試しはないからね。みんな"ブログ+X-T1"とか、"ブログ+XF18mm"とかで僕のブログ見つけて、チラ見して終わり。そんなもん。

だけどもそれでも、やはり、初の個展を控えて、腹括って宣言する。自分はひとかどの写真家になる。"Keisuke Takahashi Photography"で検索される写真家になる。撮った写真の独自さで一目置かれたい。死んだ後でも写真が残り続けて欲しい。それが自分の偽りない望みだから。

親父は52で死んで、自分が今47。遺伝なんてものがあるとしたら、残り時間はそんなにない。ボノの3倍くらい遮二無二やっても時間が足らない。格好悪かろうがなんだろうが構ってられない。くだらないことに気を取られて悶々としそうになるのは罠。そんな風に過ごした時間は戻っちゃ来ない。前にだけ進もう。と決意を新たにした新年四日目の夜でございました。

それではまた。


2014-06-06-17-56-00

僕も参加させて頂いている某ストリートフォトグラファーのグループで、上半期のベストショットを見せ合いながら、それらに対する感想を交換する、と言うことが現在行われてまして、これがなかなか勉強になります。
例えば何人かの方が素晴らしい、って言ってる写真があったとして、それ、僕が撮ったものなら間違いなくボツ写真だなあと感じるわけです。他の方の見る目がないとか言うつもりは皆目無くって、完全に僕の視野の狭さ、ってことなんですよ。その写真がなぜ良いのか、ってことも皆さん述べられているわけですが、それを読んでも尚「そういう見方もあるのか」って感じなんですよね。
それで問題は、じゃあその批評を見た時に、自分の選択基準を見直すかどうかということでして。俺的にはこれはイマイチなんだけど、実はこういう面白さがあるんじゃないか、みたいに、公開してみることを考えるかどうか。前はそういうことをしてみた時期もあったんですけども、最近ようやくですが、あんまりそれをやってもいいことないんじゃないかなあと、思い至りました。自分でそれを選んでない時点でやっぱり自分の気持ちが入り切ってない、なんとなくですけど、そういう気がするんですよね。
寧ろとことん狭めて狭めて狭め切った先に、自分の表現、みたいなものが明らかになってくるのかなあ?と、今はそんな風に感じています。まだよくわかってないんですけどね。ただ、何撮っても楽しいってレベルは間違いなく終わったなあという感じで。

写真の価値観なんて、人それぞれであってよいわけですけど、僕にとってのそれは、オリジナリティ、なんですよね。世の中に何万、いや何百万人のストリートフォトグラファーがいるのか知らないけれども、そんな中で写真を公開していくならば、他の人が撮るようなものを公開しても全然意味がないと、僕は思っています。難しいですけど。でも実際、そういうことをやれている人というのは少なからず日本にもいるわけです。なので僕も頑張って、なんとかそのレベルに到達したい、です。難しいですけど。

そんなこんなで最近、あまりコンスタントに写真アップ出来てないですよね。Flickrの公式アプリが改悪されて、アップロードが煩わしくなったというのも割と大きいのですが。
あとはX-T1の扱いに(iPhoneほどに)まだこなれていないとか、撮る以外の諸々をもう少しちゃんとしたいとか、やりたいことだらけで混乱してるので、整理して、順を追ってちゃんとやってかないとです。
ただ最近体の調子が悪くって、歳だなあーと思いますやね。体の調子悪いと気持ちも凹むし、本当、健康第一で。皆様も。

前回の記事で、人の表情を撮り切る事について書きました。でその後、自分の写真を見返してさらに色んな事を考えていたんですけど、人だけでなくて、あらゆる被写体には表情があるんでないかなぁと思いました。被写体というか、写された写真にというべきか。また当たり前田のクラッカーだったらすみません。最近気づきました(笑)。
ちょっと新旧交えて、自分のFlickrから引っ張ってみますが。因みに全部iPhoneです。

Violation.

Dead flow

Blue.

Warning sign in Life.

Contrast of Old & Modern.

Stone wall

Shades of a tree.

Afterglow of the sun.

割と無作為に人の写ってない風景を選んだけど、こう並べると・・・自分の写真て悲しいなぁと!何だろ、Portisheadくらいマイナー調だわ。せめてThe Cure程度には明るくしようと思いました。
閑話休題。僕、会う人とそういう話になると必ず言うんですけど、写真見る時って写ってるものそのものも見るんだけど、僕はどうしてもカメラのこっち側で撮ってる人を想像しちゃうんですよね。何となく、これ笑いながら撮ったんだろうねとか、難しい顔して撮ってんのかねとか、ここまで来るのきっと結構大変で疲れた顔して撮ってんだろんねとか、いやこの景色見た時はさすがに疲れも飛んだだろうねとか、勝手な想像に違いないんだけど、なんかそういう風に見てしまうのですよ。多分自分で撮るようになってからの事だとは思うんですけど。
写真てのはやっぱり撮る人が出るし、だからおもろい。いまどきみんなカメラやらスマホやら持ってて、言わば写真家だらけの世の中で、撮ってる人の顔の見えない写真なんかつまらんですよ。だから技術的に上手過ぎる写真はつまらないし、人真似みたいな写真もつまらない。楽器と同じかな。それについては皆違う見方を持っているのは百も承知だけど、僕はそう思ってるんです。
自分の写真については、自分の事なので人にどう見えるのかはさっぱりわかんないんです。ましてや撮る時は、殆ど無意識というか撮る事に集中してて、そんな事を意識して撮るわけではないですから。でもこれらの写真に、僕という人間が、結果的になんか滲み出てたらいいんだけどなぁ、とは思います。そうでないと、僕が撮る意味がないですから。

このページのトップヘ