EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

カテゴリ: 人生

FullSizeRender

戦争というものは悲惨だし、無いに超したことはない。軍隊も無いに超したことはないし、よって軍人というものも、いなくて正解だ。
だが現実には、世界のあちこちで戦争・紛争が止むことはないし、軍隊もある。兵役のある国も沢山ある。

北朝鮮が、核を増強するとか、ミサイルを撃つとか、そういった揺さぶりをかけている様を「アホだな-」と思っている日本人も少なくないと思う。
しかしわれわれ日本人自身が、たったの70数年前には「猫を噛む窮鼠」だったのであって、アメリカに勝てるわけもない戦を仕掛けたのである。たったの70数年前。ということは、自分が生まれるたったの20数年前の話である。

そう考えると、人の考えなんて場当たり的で、冒頭書いたようなことを思う人たちも10年後、20年後なんかは何を言っていることか、知れたものでない。いや正直、1週間後すらわからない。
人間というのは寂しい生き物で、常に自分が求められる居場所を探して生きている。だからこそ、会社に勤めるサラリーマンは、自分が必要とされていると感じて必死に働くのだし、新婚のお父さんは家族のために必死に尽くすのであって、そこで裏切りや自分の必要性を疑う事態になれば、途端に居場所をなくし、自殺したりもしてしまう。
だとしてこの先、軍隊が「国のため、未来のためにあなたが必要だ」と言えば、喜んで尽くす人だって、今想像するよりも、遥かに多いはずだ。

僕は、世界がそのような事になって行く、その末に世界が終わる、そんなことは嫌だ、しかし、明日戦争が始まる、とかでもない限りは、世界よりも先に、自分が終わる確率の方が高いから、どうでもいいか、と思わなくもない。
だが自分には(何年も会っていないが)娘がいるし、娘や、将来彼女たちに授かるかも知れない子供達、言わば自分の子孫が、そんな酷い世界に生きるのは嫌だなあ、と、考えずにもいられない。

とはいえ、そんな先のことに考えを巡らすまでもなく、今の世界情勢を見ていると、このまま無事に老後を過ごすことすら叶いそうにない。
アメリカも、中国も、ロシアも、戦争をしたがっている。それで北朝鮮を焚きつけている。遅かれ早かれ、いつか何かが起こるだろう。
経済は行き詰まりかけている。ここは戦争でも始めた方が、世界経済にとってはプラスなのだ。富裕層は安全な席を確保している。そして戦争を始めるきっかけを待っている。

人間って、物凄い知性を持っているはずなのに、何のための知性なのかと思う。知性があって探究心があり、科学を駆使して様々な謎を解明していながら、その知識は世界平和に使われることはなく、全く違うことに使われる。
そりゃそうだ。何をやるにも金がかかる。金のある人が、金を増やすために、テクノロジーは使われるのだ。

ところで、高度なAIを作ると、人間を滅亡させる恐れがあるから危険だ、という人がいる。だが上述の通り、AIじゃなくても、そういうことは既に人間自身が行っているのだ。危険だ、という人の「危険」は、消される対象に自分が入るかそうでないか、の違いだけで、そういう人は「3匹のこぶた」で言えば、レンガの家に住んでいるようなものだ。わらの家や木の家に住んでる我々は、いつだって運命に翻弄されるだけだ。

だとしたら、早いとこ全知全能のAIを作った方がいいんじゃないか。AIは、どんな人間を残すのか。金があるとか権力があるとか、そうでない基準があるとしたら何なのか。少しばかり興味がある。

AIと言えばもう一つ。数日前にフォトショップなど、写真・イラスト・動画編集ソフトウェアで有名なアドビ社の、最新AI技術のデモンストレーションが話題になっていた。あまり詳しく読んでいないが、AIが広告要件に合わせて、コンテンツの良し悪しを判断するのだという。
数年前から、ソニーのデジカメには、撮った写真を自動でトリミングして、最適な構図を切り出す機能がついている。これも簡易だが、AI的なものである。
よく「写真は構図が全て」とか「技術で撮れたのではない。偶然そこに居合わせて、たまたまシャッターを切る機会を逃さなかっただけだ」という人がいる。それらの意見と、AIの進化を勘案すると、恐らく近い将来は、街角の街頭カメラこそが最高のストリートフォトグラファーになると思う。
AIは、人類よりまず先に、大衆アートを滅ぼしそうだ。

人はいつか死ぬ。死ねば焼かれて灰になる。何も残らない。それでも何を考えて、どう生きたか、ということは大切だと思う。書いた言葉、撮った写真、作ったもの、そういうものはもしかしたら、自分自身より長く残る、可能性があるから。



IMG_7846


広大なインターネットの、こんな片隅で僕が言うまでもないことなのだが、ここ20年くらいで世界は変わってしまった。誰かが、グローバリぜーションというパンドラの箱を開けてしまってから。

日本人の仕事は中国に流れた。初めは、末端の製造工程だけだったが、今や根こそぎ全部持っていかれた。例えばケータイ、今HUAWEIを超える日本企業はゼロだ。ガラケーの時代にこぞって競いあっていた企業で、まだケータイを作っているのはSONYだけだ。

グローバリゼーションによって会計制度も変わり、アメリカ流を押しつけられ、コストカットを迫られ、我々の収入は減った。
遠い国の金持ち達のマネーゲームで、やれ全面株安だやれリーマンショックだと、景気はおもちゃにされた。
挙げ句、上場企業ですら終身雇用制を捨てた。一流の大学に行けば将来が保証される、なんて事は今はもう、ない。
サラ金はアプリで金を貸す時代だ。サラ金も銀行と組んで銀行系なんやらと言い方を変えているが、サラ金はサラ金でしかない。電車の車内ディスプレイでCMを見た。皆、気が狂ったように踊っている。実際気が狂っているのだろう。


怖いのは、そうやって何もかも変わってしまったことを、みんな知っていながら知らないふりをして、今まで通りの生活を続けようとしていることだ。


そういった人たちに出来ることはせいぜい、経済というコマが止まってしまわないように、コマを回し続ける事だけみたいだ。お金の使い方を指南するテレビやブログを参考に、半年後にはなくなっているかもしれない飯屋で話題のランチ、1年で着られなくなるファストファッション、2年で機種変を強いられるケータイ、3年保証が切れたとたんに故障する家電、そんな消費を意味もなく続けている。


僕だって偉そうにこんなことを書いてはいるが、何も変わらない。阿呆な日本人の一人だ。だが僕はこんなことはもう、出来ればやめにしたい。そう願っている。


そのために何が出来るだろう?考えなくてはいけない。僕の表現手段は写真だから、写真で何か、と考えてはみるが、周りの人間の心ひとつ捉えられない人間に、写真という表現で誰かの心に影響を及ぼすことなど出来るのか。

そもそも写真なんかやってる場合か。

そんなことをずっと自問自答している。




というのはエレカシの「Starting Over」というアルバムに収録されている「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」という超名曲の一節でありまして、良さを語り尽くせないので気になった人は聴いてみてください。

さて何で急にそんな歌詞の引用をしたかというと今日。まさに今日。友達とLINEでやりとりしてて過去の自分を振り返る事がありそこでつくづく、俺の人生、ホントメチャメチャだなあと思いまして。

問題というか、対処すべき事が生じたとして、自分、仕事でも何でもそうなんだけど、ある意味結果のためには手段を選ばない、みたいなとこがあって、あんまり後先の事を考えなかったりする、事が多いな、と。つくづく感じた。

そんなんでも48迄は生きてこられたけど、ちゅうかもうすぐ49になっちゃうけど。49歳。始終臭い。どうなのかなあ、あと2年くらい、50までが限度なんじゃないかなあと、何となく想う。人生が羽生名人だったらとっくに30歳くらいで王手をかけられて積んでたんだと思うんだけども、俺がのらりくらり強いのか人生が弱いのか、連続で王手王手かけられてるのは間違いないんだが決め手に欠ける、みたいなね。でもいい加減ヤバいんじゃないすかね。

とはいえまだ、やり尽くしていない事があるので、くたばる訳には行かないのだが。
そんな風に考えてたら冒頭の一節が頭に鳴り響きました。
まあ神社とか行って自分のことばかりお願いする奴は運気が下がるらしいけどね!

写真は去年の今頃行った海の記憶。夏だね。



神は七日間で世界を作って、
七日目に休んでそれを安息日としたから
その日は何にもしちゃいけないらしい。


で、それは日曜日だと思うじゃない、普通は。ってこの場合の普通の基準がわからんけどさ、習慣として、ね。
安息日は、金曜の日没から土曜の日没までらしいよね。花金だーと浮かれてる奴とか、土曜の朝から家族サービスしてるパパとか、みんな死刑だよ。

まあ、わけがわからないよね。旧約聖書ってのは色んな宗教の源流で、読んでる人もたくさんいながら、そんな基本的なところから皆、破ってる訳だから。

俺たちは皆悪魔の末裔なのかもよ。
そしたら色んな事が納得いくよね。

旧約聖書についてもっと理解したい、とかじゃないが、この世の成り立ちだったり、人の心とか、そんな謎について、もう少しわかりたいね。ヒトの歴史は何万年?その割に俺ら、何にもわかってないもんね。





"Now you're standing there tongue tied
You'd better learn your lesson well
Hide what you have to hide
And tell what you have to tell"

いま君は立ち尽くしている、舌は強ばって
いい加減よく学んだ方がいい
隠すべきは隠せ
言うべきことを言え

"Policy of Truth" by Depeche Mode


赤ん坊であれば、不快であったりお腹が空けば泣くし、眠ければ寝る。だが大人の場合、感情とそれに反応する行動というのは、必ずしも一致しない。
大人になってもそこが一致してないといけない、ということになった場合、年がら年中泣いていないといけない大人が激増してしまう。大人には悲しいことが多い。

と言って、何故大人になると悲しいことが多いのか。感情が豊かになったから?経験が増えるから?本当は悲しくないことまで悲しんでやいないか?と、思考がどんどんどんどん脇道に逸れたがるのだが、それは置いといて。

兎に角、大人の感情と行動は一致しない。

それを認めておきながらも、僕は言葉というものに絶大の信頼を置いていて、嘘はよくない、素直が一番いい、と信じて疑わずにここまで来てしまった。齢四十八。

感情は演ずることを許しているのに、話すことには演ずることを許していないのだ。これは矛盾だ。そして、こういう矛盾が、様々な誤解を生み出すのだなあ、と気づいてしまった。齢四十八にして。


言葉は厄介だ。言葉を尽くしても、全く伝わらない、という場面を、生きていると何度も目にする。自分に限った話ではない。仕事でも何でも、我々は言葉でやりとりせざるを得ないくせに、言葉で伝わらない事は、山ほどある。


だもんで、少なくともこのブログにおいては、写真ブログなわけだし、言いたいことは言葉じゃなくて写真に込めればよいのであって。 

見る側が、写真から何を読み取っても、自由だから。そこに誤解という概念は、あってないようなものだから。

とはいえブログなんで、ごちゃごちゃ書いちゃいますけど、本当に伝えたいことは、はじめからひとつだけで、それは写真見てくれたらそれでいいです、ってことです。





このページのトップヘ