EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

カテゴリ: iPhone


以前紹介させてもらった、iPhone用のモノクロ撮影専用カメラアプリCamera1。

久しくアップデートがなかったのですが、先日久しぶりに作者より連絡を頂きまして、再び日本語ローカライズを手伝わせて頂きつつ、ここ暫く、新バージョンのテストをしておりました。
そして無事、新バージョン(v2.0.0)がリリースされました。


新機能をいくつかご紹介します。

カラー画像を同時にカメラロールに保存するオプション

これは地味に嬉しいですね。モノクロでガシガシ撮りたいのだけど、この場面カラーでも撮っておけばよかったなあ、と後々思うことはよくあるので。


フォーカスエイドオプション

マニュアルフォーカス時の拡大表示。これもトレンドな機能ですね。老眼には嬉しいかな。


前回使用時の設定状態を残すか、毎回リセットするか、個別に選択出来るようになった

前回撮影した時のスライダー設定を、次回起動時にも残しておける、というのが一応ウリの機能だったのですけど、特に露出スライダーの動作が不安定で、スライダー位置こそ前回と同じだけども、極端に明るかったり暗かったりで、イマイチ使いづらい機能だったのですけど、今回一つ一つの設定について、残すかリセットするか選択が可能になりました。


著作権情報を写真に埋め込むことが出来るようになった

地味だけど嬉しい機能です。


RAWやTIFF画像を保存するオプション

僕はあまり必要ないけども、今時のトレンドなオプションですかね。


S-Curve コントラスト設定はなくなりました

前バージョンの設定画面には"S-Curve Contrast"という設定値があり、めちゃくちゃハードなコントラスト設定ができました。


前バージョンの設定画面

これがなくなり、また殆どの設定がアプリ内の設定画面に移動して、iPhoneの「設定」のところで設定する項目は殆どなくなりました。

新バージョンはこれだけ

S-Curveは、前回のバージョンアップ時に既に作者は無くしたがっていたのを、僕の強い要望で残してもらっていたので、まあ今回は流石にしょうがないかな、と思いつつ、しかしながら今バージョンではコントラストスライダーの効きが、丁度いい塩梅に調整されたように感じます。


他にも、グリッド表示の種類が増えたり、iPhone7 Plusではピンチ操作で広角と望遠レンズの切替が可能だったりと、結構色々アプデされていますが、カラー画像も残せるようになったことで、個人的にはますます、普段使いし易いアプリになったかな。


前バージョンと今バージョンの間に、こちらからメールで「グレイン(粒子)コントロールつけてよ」とリクエストした事があって、それに対しては「実はトライしてるんだけど狙ったような効果が得られないんだよ」と返事があったのですけど、また今後もいい感じにアップデートが続くと嬉しいなと思います。
現バージョンだと、赤フィルタ設定で暗いところを撮った時の粒子の出方なんかは、そこらのデジカメより僕は好みです。






どんな気分だ
どんな気分なんだい
ただの自分でいるってことはさ
帰る家もなくてさ
誰にも知られることなく 石ころみたいだっていうのはさ

ディランに心酔していたのは20代から30代の始めの頃まで。
ディランとジミヘンしか聴かない、みたいな時期もあったな。

ディランの詩はいい。その視点の独自さに舌を巻いてばかりだった。
だけど彼の代表曲のひとつ、『ライク・ア・ローリング・ストーン』に関しては、若いうちはどこか遠い国のお伽話を聞くような気持ちだった。


時は流れて。状況も変わり。
48年生きて、今ではこの曲の歌詞が心に刺さる。

何も持ってないなら失うものもないよな
お前は今や透明人間
隠さなきゃならない秘密すら持っちゃいない


雨だけど出かけた。家にいると頭がグルグルして、よくないので。






水たまりに雨がポタポタする様を撮りたくて、傘を差さずに歩いていたので(傘をさすと、雨粒が落ちてこないし、光も遮るので、撮れないから)、また風邪が悪化しそうな気配を感じ、帰りはパンチョでニンニクガッツリのスタミナナポリタン食べて帰りました。

風呂入って寝ます。では。




個人的に殆どノーマークで前回の記事でも全く触れなかったが、富士フイルムのX70がなかなか売れている、らしい。

X70。ファインダーなしで小型だけどAPS-Cセンサー搭載、35mm換算28mm F2.8の単焦点レンズ。スペック的には完全にリコーのGRをターゲットにしてる様だけども、軍艦部にシャッタースピードのダイヤル、レンズに絞り輪があるあたりは、従来のXシリーズを踏襲している。


かと思えば液晶がタッチ式で、フォーカス、レリーズもタッチで操作できるあたり、iPhoneというかスマホ的でもある。
ぼくは随分前に「iPhoneographerに勧めたいX30」という記事を書いたけども、今ならX70勧めた方がいいのかな、と感じないこともない。事実、iPhone6Sの画角は28mmだし、F2.2という明るさも遜色ないし、違和感はあまりなさそうな気がする。


そして、別売りの光学ファインダーがものすごく格好いい。これ付けるとカメラと合わせて10万近くなってしまうけど。

だとしても、やっぱりこれを大推薦する気にはなれないのは、「だったらiPhoneでいいじゃん」となるからで、これは、一眼レフ持ってて、サブ機にスマホを選ぶ気にはなれない人のための、今どきのカメラ、な感じもする。


最近、山で写真を撮ることが多いが、ピーカンの中、iPhoneで写真を撮るのは結構難しい。液晶画面を見ても反射してよく見えなくて、雲が白飛びしてるのかどうかもよくわからないままに、シャッターを切る羽目になる。結果、アンダーな写真を連発している。もともとアンダー気味な方が好きだからまだいいけども、ちょっとストレス。


なのでやっぱりカメラ買うとしたら、ファインダーがある方が、個人的には好きだ。ファインダーが必要ないところなら、iPhoneでいい。GR的にストリートを撮るなら、個人的には全然iPhoneで構わない。


しかしながら、富士はなんでX30やめてしまったのかなあ。X70は決してX30の後継機種ではない。
X30が売れなかった理由はハッキリしていて、ソニーのRX100が大当たりして、1インチセンサー、というものに皆が注目して、各社1インチセンサー機種を発売する流れの中で、X30は前モデルと同じ2/3センサーで発売されたからだ。
これが1インチだったら、今でもRX100やPowershotなどの比較対象になれたと思う。


もっとも私見であるが、撮れる写真を見たら、1インチである必要はないし、恐らく開発者もそれを確信していたに違いないのだが、買い手から見るとスペックで選ぶしかないから仕方ない。例えばカタログ上、レンズが開放F1.8なんて明るいとしても、それはワイ端の時だけで、少しズームしたらF2.2とかになってしまうのだが、カタログにそういうことは記載されないし、そこを読み取れというのは難しかろう。仕方ない。


そんなわけで僕自身は、前回の記事にも書いたとおり、一通りのカメラを触ってきて、いったんリセットするのに全部手放して、その上で自分が欲するモノがハッキリしてきたので、そのうち中古のX30を買うかも知れないかな。
実はX30を所有していた期間がものすごく短くて、以前何色を持っていたのかも忘れているし、バッテリーやプロテクトフィルターはろんすたさんにプレゼントしてしまった笑。けども。

今回も写真は全てiPhoneです。アプリは645Pro、Microsoft Pix、純正カメラアプリ。ではまた。


このページのトップヘ