EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

カテゴリ: 写真

先日、富士フイルムの新しいカメラ「X100V」のプロモーションビデオが公開された。プロモーションには鈴木達朗氏が起用され、動画で明らかにされたその撮影スタイルが波紋を呼び、メーカーは動画を削除して謝罪、鈴木氏自身もツィッターを鍵アカウントにする、という事態になった。

僕自身、ストリートスナップを撮る人間でもある(あった)が、色々と思うところあり、写真から距離を置いている。その事とも大いに関係する出来事であったので、久しぶりに記事を書く。

まず、なぜ富士フイルムはこの動画で問題ないと判断したのだろう。
肖像権を巡って、ストリートスナップの是非はここ何年も議論されている。僕自身の個人的な結論は、ストリートスナップに(表社会での)未来はない、ということである。最早、ストリートスナップを撮ることは、一部では犯罪と断定されつつあるのだ。
勿論、現時点でそういう法律が新たに作られたわけではない。だが先々、この手の規制が厳しくなることはあれど、緩くなる事は最早、ないだろう。
そんな中で、カメラメーカーであり、ギャラリー等も擁していて、写真文化自体に詳しいはずである富士フイルムが、この動画を公開することで社会にどういう印象を与えるのか、想像も出来なかったのだろうか。まるで富士フイルムは、一連の議論にとどめを刺して、ストリートスナップを殺したかったのではないか、と思えるくらいだ。
そうではなくて、昨今の大手企業同様、非採算部門は人手が少なく、経験の少ないサラリーマン社員だけで仕事を回した結果がこれなのだろうか。あり得る話ではある。

そして鈴木達朗氏である。彼の写真は世界的に評価されている。その写真がどういう手法で撮られているのかは、あの動画を見るまでもない。遠慮なく言わせてもらうが「犯罪ギリギリ」のところで撮られているのだ。だからこそ評価されている。希少だからだ。
つまり彼のアートというのは、どう考えても「決して表社会に立てない」ものであって、国内で知名度を上げずに海外でやっている分には良いが、日本国内で今回のようなプロモーションがなされれば、どういう事になるのか、彼自身が気づいていないはずはない。なのに、何故この仕事を請けたのか。
それとも、そこまで考えが及ばぬほど生粋の馬鹿で、今までの撮影も全て「本能」のみに突き動かされて「たまたまセーフだった」成果なのか。

いずれも表向きは、一流のカメラメーカーと(あえて言うが)一流のストリートスナッパーだ。もしやるのなら、もう少し策を練って欲しかった。彼らは完全に、あらゆるストリートスナップの道を断ってしまったと言えるだろう。
アサヒカメラでは昨年何度か、ストリートスナップの肖像権に関して記事を組んでいたが、こうなってしまっては最早詭弁でしかないし、もし今後同じ特集を組んでも、犯罪幇助と取られかねないだろう。本当に残念だとしか言えない。

ストリートスナップの使命は、文化を後世に残す事にあると思っている。僕は「昭和の東京」とか、そういう写真集を見るのが好きだ。そこに記録された、当時の街並み、当時の人たちの暮らしぶり、豊かな表情。そういうものは、誰かが残さなければ、決して残らない。
昔は一部のお金持ちだけが、カメラを所有できた。写真家として名を残している人たちは、大概どこかのボンボンである。言ってみれば昔の記録写真というのは全て「上から目線」で残されたものばかりだ。アメリカが日本の統治後に町並みを撮った写真などもいい例だろう。
今はそういう時代ではない。
誰しもが写真を撮る。
殆どの携帯にカメラが搭載されているのだから、街にいる人たちの殆どがカメラを持っている。
そして街中でシャッター音が響いた途端に、通報する人が現れる。

一方で、街のあらゆるところに監視カメラが、車にはドライブレコーダーが備え付けられている。それらのデータはクラウドを介して集められる。それに文句を付ける人はいない。そこには人間の意図が介在しないからだ。そこに意図が介在することに、人は拒絶を示す。
将来のストリートスナップの写真集は、GoogleやAppleが編纂・発行することになるかも知れない。

何故、こんな世の中になってしまったのかといえば、テクノロジーを悪用する人間がいるからである。携帯やアクションカムやドローンで、盗撮を行う人間というのは間違いなく存在するからだ。
そういう人間のせいで、街中でシャッターを切る人間は全て「容疑者」となる。
市井の人間が、同じ市井の人間の「疑わしき」を罰する社会になってしまった。本当に悪事を働いている、例えば政治家のような人間は野放しなのに。

なんて嫌な社会だろう。写真に残す価値はあるのだろうか。僕はこの頃、本当にそう考える。

僕のような人間は、写真に距離を置くことで対応する。だが鈴木氏は逆であった。余計に社会と敵対する。彼の写真の根源にあるのは「怒り」だ。写真を見れば明らかだ。意図を伝えるのがアートの使命だとすれば、彼の作品はだからこそ一流のアートとして評価される。

なので余計に、何故今回の仕事を請けたのか、僕にはさっぱりわからない。こんなことになってしまった以上、彼がこれを続けることは出来ないからだ。もしかするとここいらで、誰かにストップをかけて欲しかったのだろうか。欲求というのはエスカレートするものだ。もっと、もっと、という気持ちが我々を動かす。ストリートスナップを撮ったことのある者ならわかるはずだ。
鈴木氏はアクセルを踏み続けて、止まるに止まれない状態だったのだろうか。そんな勘ぐりもしたくなる。

さて、それでもストリートスナップを撮りたいと思う人がいるのだろうか。はっきり言ってこれは裏稼業だ。表舞台には立てない。逮捕されるかも知れない。それでも価値があると思う人だけが、それをやることが出来る。頭がおかしいと思われようが、キモいと言われようが。
今や、そういう覚悟を持って取り組まなければ、ストリートスナップなど出来ない。

FullSizeRender

前回のエントリーで書かせて頂いた「ポストカード」、本日発送しましたー。遅くなってしまいゴメンなさい。

まず、「ポストカードください」とお声かけ頂いた皆様に感謝致します。本当にありがとうございます。どっかに飾って頂けるなり、宛名シール剥がしてポストカードとして使って頂けるなり、何かお役に立てたら嬉しいと思っています。

で・・・やってみないとわからない事ってあるもので、前回「ポストカード送りますよ」なんて書いたときには、毎月ポストカードサイズで印刷して送ればいいんだよな、なんて軽く考えていたんですけど、いざ毎月送る事を考え始めると、考慮しないといけないこともいくつかあったり、プリント自体も何度かやり直したりと、そんな試行錯誤があって、時間がかかってしまいました。振り返ると常にだいたい、言っちゃってから考える、結果、色々時間かかる、って事ばかりですけど、まあ・・・そういう風にしないと何も出来ないので、仕方ないかな。

送れる枚数はまだまだ全然余裕あるので、ちょっとでも興味持って貰えたら、コメント欄から気軽にリクエスト頂けると嬉しいです。


ところで先日、TechCrunchの記事で面白いのがありました。

コードが写真の未来を創る - TechCrunch

個人的には、こういうテクノロジーの進化は大歓迎なんです。今まで見たことのないような写真・映像が創れるようになるのかも知れない、というのは、ちょっとワクワクはするし。一方で、ちょっと面白いと感じるのは、例えば今年もiPhoneの新機種が出て、前機種とのカメラ性能の比較記事なんかが出て、前機種のカメラとかもうショボいな-、とか感じる反面、僕らは未だに、フィルム時代に撮影された写真にも惹かれてる現実がある、ってことで。

そういった現状に対する逆張りとかではないんだけど、個人的に今は改めて、フィルムカメラで撮ること、を楽しんでみようかな、という気持ちがあります。
前に自分の中でフィルムカメラ熱が盛り上がった時には、同時に個展のイメージが膨らんじゃってそっちに注力した結果、フィルムであれこれやることはちょっと先送りにしてしまったので。何か新しい発見があったらいいんですけどね。

FullSizeRender

唐突ですが。
月1で、僕の撮った写真をポストカードにして、無料で送ります。欲しい方いらっしゃいましたら、連絡ください。

自分の場合、写真を始めたのがiPhoneを手に入れてからで、今の若い人達同様に、撮ったものはネットでシェアするのが普通、ってところから始まったのですけど、それから6年くらい経った今、音楽も写真も、言ってみれば全部がクラウドになってしまったわけで。膨大な数が知らない何処かのサーバーに保存されているものの、検索でもされない限り目にもつかず、デジタルの藻屑になってるだけ、ということが、何だか正しい姿なのかな、とぼんやり考えてしまう。

先日の北海道の地震で、ウチの実家も24時間以上停電になりまして、そんなことは自分が子供の時分、昭和40年代ですら起きなかったことだけど、電気やネットがないと写真も見れないし音楽も聴けないなんて、権利があってもアクセス出来ないなんて、何だか変だな、とか、そんなことも強く思うようになりました。

形あるもの、ということでは、以前から写真集として自分の写真をまとめてみようと考えているのですが、それにしても、限られた予算で限られた部数しか作れないわけです。とはいえ、インスタや他のSNSのタイムラインに流すみたいに、数見て貰えればよい、という価値観も、今現在は、あまり意味があることに思えない。

とにかく、壁に貼ったり本棚に飾ったりしてもらえるような、リアルなモノとして、例え数が少なくても、そうやって写真をシェアしてみたいなと、考えています。

というわけで、このページの下の方にコメント欄があると思うんですけど、そこから、もしくはメール、tokyogyangoアットマークgmail.com宛に、宛先を教えて頂けた方々に、毎月1枚、ポストカードを送らせて頂きたいと思います。
コメント欄は非公開になっているので、僕以外が見ることはありません。
冒頭に書いた通りでお代は要りませんので、宜しくお願い致します。

FullSizeRender

先日社用で札幌に行く機会があって、ついでに数日実家で過ごしたのであるが、1993年12月31日から94年の12月30日までのきっかり1年つけていた、自分が26になる年の日記を見つけた。

日記というよりは作文帳みたいなもので、詩やら散文やら短編小説程度の物語やら、色々書いてあって、まあプロを目指してたわけでも何でもないので稚拙ではあるが、当時は転職したり色々嫌になって旅に出たり、そんな時代だったので、割と面白かった。
何より25歳って、10代の頃の自分を思って随分歳を取ってしまった、と考えているのだけど、更に25年経った今見るとホントに・・・色々感慨深い。

そういう文章をシェアするのに何かいいサービスあるかな、と思っていくつか見てみたのだけど、どうもそぐう場所がないので、自分のブログに書こうかな、と。

以下は、1994/4/15、カート・コバーン自殺のニュースの3日後の日記から。


——————————

ところで

犬の散歩は誰の仕事だ?

ボスは大儀そうにしゃべる

そういう時の彼の目ときたら

天下をとったみたいに

自分では説得力があると

思ってるが全然の

そういう目をしてるんだ

俺はといえば

気持ここにあらず

窓の下くもり空の下の街の交差点に

オドロキはないかと

毎日オドロキはないんだが

ヒザをゆらして見てる

うまく説明するには

事情はフクザツだが

ここに長く居すぎたと思い始めて長い


目は喋り口はふさがれている

そういうものだという事にしたいらしいが

それについては誰も何も

感じず

時計を見れば世界の終わりまで

あと3分くらい?

誰も走り出しゃしないぜ?

道路の向こうには

空き地があって

そこでは昼間から集まって

酒をのんでいる人達がいるが

無理してるようにも見える

自分がいかに自由なのか

演じてるように見える

そういう意味では

誰も自由でないというのは

ヘンな話だが

ヘンな話は話題にもならない

革命家のタマゴは何の革命を起していいのかわからないでいる 

音楽家は何について歌っていいかわからずインタビューをたくさん受けてイヤになって自殺した

信じるとウラぎられるなんてまやかしだ

雨が降ってきて駅までは沢山歩く

この世界はセルフ・サービスだ

と思っていたら

案外そうでもないぜ

——————————


冒頭の写真は先日の札幌。西4丁目あたりかな。前に行った時にもこの建物を撮っていた。ここ、好きだな。

ちなみに「大儀そう」は北海道弁かな。「億劫そう」って事です。




FullSizeRender

戦争というものは悲惨だし、無いに超したことはない。軍隊も無いに超したことはないし、よって軍人というものも、いなくて正解だ。
だが現実には、世界のあちこちで戦争・紛争が止むことはないし、軍隊もある。兵役のある国も沢山ある。

北朝鮮が、核を増強するとか、ミサイルを撃つとか、そういった揺さぶりをかけている様を「アホだな-」と思っている日本人も少なくないと思う。
しかしわれわれ日本人自身が、たったの70数年前には「猫を噛む窮鼠」だったのであって、アメリカに勝てるわけもない戦を仕掛けたのである。たったの70数年前。ということは、自分が生まれるたったの20数年前の話である。

そう考えると、人の考えなんて場当たり的で、冒頭書いたようなことを思う人たちも10年後、20年後なんかは何を言っていることか、知れたものでない。いや正直、1週間後すらわからない。
人間というのは寂しい生き物で、常に自分が求められる居場所を探して生きている。だからこそ、会社に勤めるサラリーマンは、自分が必要とされていると感じて必死に働くのだし、新婚のお父さんは家族のために必死に尽くすのであって、そこで裏切りや自分の必要性を疑う事態になれば、途端に居場所をなくし、自殺したりもしてしまう。
だとしてこの先、軍隊が「国のため、未来のためにあなたが必要だ」と言えば、喜んで尽くす人だって、今想像するよりも、遥かに多いはずだ。

僕は、世界がそのような事になって行く、その末に世界が終わる、そんなことは嫌だ、しかし、明日戦争が始まる、とかでもない限りは、世界よりも先に、自分が終わる確率の方が高いから、どうでもいいか、と思わなくもない。
だが自分には(何年も会っていないが)娘がいるし、娘や、将来彼女たちに授かるかも知れない子供達、言わば自分の子孫が、そんな酷い世界に生きるのは嫌だなあ、と、考えずにもいられない。

とはいえ、そんな先のことに考えを巡らすまでもなく、今の世界情勢を見ていると、このまま無事に老後を過ごすことすら叶いそうにない。
アメリカも、中国も、ロシアも、戦争をしたがっている。それで北朝鮮を焚きつけている。遅かれ早かれ、いつか何かが起こるだろう。
経済は行き詰まりかけている。ここは戦争でも始めた方が、世界経済にとってはプラスなのだ。富裕層は安全な席を確保している。そして戦争を始めるきっかけを待っている。

人間って、物凄い知性を持っているはずなのに、何のための知性なのかと思う。知性があって探究心があり、科学を駆使して様々な謎を解明していながら、その知識は世界平和に使われることはなく、全く違うことに使われる。
そりゃそうだ。何をやるにも金がかかる。金のある人が、金を増やすために、テクノロジーは使われるのだ。

ところで、高度なAIを作ると、人間を滅亡させる恐れがあるから危険だ、という人がいる。だが上述の通り、AIじゃなくても、そういうことは既に人間自身が行っているのだ。危険だ、という人の「危険」は、消される対象に自分が入るかそうでないか、の違いだけで、そういう人は「3匹のこぶた」で言えば、レンガの家に住んでいるようなものだ。わらの家や木の家に住んでる我々は、いつだって運命に翻弄されるだけだ。

だとしたら、早いとこ全知全能のAIを作った方がいいんじゃないか。AIは、どんな人間を残すのか。金があるとか権力があるとか、そうでない基準があるとしたら何なのか。少しばかり興味がある。

AIと言えばもう一つ。数日前にフォトショップなど、写真・イラスト・動画編集ソフトウェアで有名なアドビ社の、最新AI技術のデモンストレーションが話題になっていた。あまり詳しく読んでいないが、AIが広告要件に合わせて、コンテンツの良し悪しを判断するのだという。
ずいぶん前から、ソニーのデジカメには、撮った写真を自動でトリミングして、最適な構図を切り出す機能がついている。これも簡易だが、AI的なものである。
よく「写真は構図が全て」とか「技術で撮れたのではない。偶然そこに居合わせて、たまたまシャッターを切る機会を逃さなかっただけだ」という人がいる。それらの意見と、AIの進化を勘案すると、恐らく近い将来は、街角の街頭カメラこそが最高のストリートフォトグラファーになると思う。
AIは、人類よりまず先に、大衆アートを滅ぼしそうだ。

人はいつか死ぬ。死ねば焼かれて灰になる。何も残らない。それでも何を考えて、どう生きたか、ということは大切だと思う。書いた言葉、撮った写真、作ったもの、そういうものはもしかしたら、自分自身より長く残る、可能性があるから。



このページのトップヘ