FullSizeRender

先日社用で札幌に行く機会があって、ついでに数日実家で過ごしたのであるが、1993年12月31日から94年の12月30日までのきっかり1年つけていた、自分が26になる年の日記を見つけた。

日記というよりは作文帳みたいなもので、詩やら散文やら短編小説程度の物語やら、色々書いてあって、まあプロを目指してたわけでも何でもないので稚拙ではあるが、当時は転職したり色々嫌になって旅に出たり、そんな時代だったので、割と面白かった。
何より25歳って、10代の頃の自分を思って随分歳を取ってしまった、と考えているのだけど、更に25年経った今見るとホントに・・・色々感慨深い。

そういう文章をシェアするのに何かいいサービスあるかな、と思っていくつか見てみたのだけど、どうもそぐう場所がないので、自分のブログに書こうかな、と。

以下は、1994/4/15、カート・コバーン自殺のニュースの3日後の日記から。


——————————

ところで

犬の散歩は誰の仕事だ?

ボスは大儀そうにしゃべる

そういう時の彼の目ときたら

天下をとったみたいに

自分では説得力があると

思ってるが全然の

そういう目をしてるんだ

俺はといえば

気持ここにあらず

窓の下くもり空の下の街の交差点に

オドロキはないかと

毎日オドロキはないんだが

ヒザをゆらして見てる

うまく説明するには

事情はフクザツだが

ここに長く居すぎたと思い始めて長い


目は喋り口はふさがれている

そういうものだという事にしたいらしいが

それについては誰も何も

感じず

時計を見れば世界の終わりまで

あと3分くらい?

誰も走り出しゃしないぜ?

道路の向こうには

空き地があって

そこでは昼間から集まって

酒をのんでいる人達がいるが

無理してるようにも見える

自分がいかに自由なのか

演じてるように見える

そういう意味では

誰も自由でないというのは

ヘンな話だが

ヘンな話は話題にもならない

革命家のタマゴは何の革命を起していいのかわからないでいる 

音楽家は何について歌っていいかわからずインタビューをたくさん受けてイヤになって自殺した

信じるとウラぎられるなんてまやかしだ

雨が降ってきて駅までは沢山歩く

この世界はセルフ・サービスだ

と思っていたら

案外そうでもないぜ

——————————


冒頭の写真は先日の札幌。西4丁目あたりかな。前に行った時にもこの建物を撮っていた。ここ、好きだな。

ちなみに「大儀そう」は北海道弁かな。「億劫そう」って事です。