FullSizeRender

ネット上のとある場所で、時間のあるときに本を朗読して、公開している。
何でそんなことをはじめたのか。

ここ暫く、何かをやろう、というモチベーションがまるっきり沸かなくなってしまった。写真にしろなんにしろ、仕事以外のことは「好きでやっていること」には違いないのだけど、何か目標を立てて、それを達成することをニンジンにしてぶら下げなければ、僕なんかはなかなか本気でやる気になれない。だが、人生50年近く生きてきてだいたいのことの先行きを読んでしまう癖がついてきて、ちょっと行き詰まったというか、息詰まったというか。

しかし、何もする気になれない反面、何かはしたいという、矛盾した気持ちがあり(それはだいたい皆、そんなものだと思うけど)、自分のための何かをする気になれないのであれば、人の役に立つボランティアでもやってみようか、お爺さんにパソコン教えたり、お婆さんにカメラ教えたり。などと考えて、地元のボランティアを調べているうちに、読み聞かせや音訳、というものがあることを知った。本を読むのは好きだし、ちょっと興味が湧いた。

しかし考えてみれば、声に出して音読するということは、学生の頃から何十年もやっていない。そもそも僕の声は籠もった声質で、まず自分の声が嫌いだ。そして普段だって、仕事以外ではあまり喋らないから、そもそもちゃんと声が出るのかどうかもわからない。
それでも、やってみたいと思ってしまったものは仕方ないので、練習がてら、読んだものの公開を始めてみたのだ。運動をまるっきりしていなかった中年男が唐突にランニングを始める、そういうのに近いと思う。
練習なら公開せずにひとり部屋でやればいいではないか、という話だが、人様に聴かれるかも知れぬ、となるとそれなりに真剣にやらなくてはいけないし、聴いて頂いて反応を見たい、というのは、写真始めた時と全く同じだ。聴いてくれて(見てくれて)いる人は殆どいないが、ゼロでもないので、丁度よい。

果たして程なく、喋りを専門にやっている知人からアドバイス、それとほんの少しのお小言を頂いた。お小言なんて言うと怒られてしまうが、「真面目にやっているのなら」という但し書きつきでアドバイスをもらったということは、真面目には見えなかったのかも知れない、ということだ。と思う。

真面目は真面目である。ただ、真面目の尺度が、本業かどうかでは異なるように思う。
それは決して「趣味だからライト」という意味あいではない。本業の場合、明確に型というものがあり、こうでなくてはいけない、という正道があると思うのだ。ここでいう本業、というのは、それで生計を立てるかどうか、という意味あいで僕は言っている。
本業を目指すのであれば、絶対にその尺度をまず知った上で、それに従う方がよい。そうでなければ、早々に食いっぱぐれるだろう。ただ僕は読みに関して、本業は目指していない。それであれば、正道でない方が面白くなる可能性がある、と僕は思っている。
とはいえ、僕の朗読たるや全く酷いもので、アドバイスの9割方は全くその通りだったので、毎日気をつけながら練習している。

という風に、これまでやったことのないことに手を出してみると、色々と気づきがあるから面白い。
例えば僕の写真活動も、今のところそれで生計を立てている類のものではないから、そんな立場の者が写真についてあれこれ云っても、本業の方からみれば笑止千万な戯れ言に聞こえる事もあるに違いない。それで食べていく、ということであれば需要がある方に寄せる必要があり、それはとても技術のいることだし、それこそが職人芸だ。

ただ、表現行為というのはそういう方向に向かう事が全てではない。むしろ自分のやりたいことはもしかして時代の趨勢と異なる、つまり金にはならない、と自覚してしまった場合、どうするか。
僕自身は写真で食べていく、なんてことは、気まぐれな運でも降ってこない限り、あり得ないと思っているんだけども、それは諦めというよりは、そういう道を選んだ、と言うことなのだ。それであれば、正道でなくても構わない。回り道でもよい。色んな可能性にチャレンジする方がよい。但しゴールは見失わないことだ。

朗読に関しては声がよいわけでも読みが巧いわけでもなく、センスの欠片もなさそうなので、何がどう転んでもこれに可能性があるわけもなく、でもボランティアはやってみたいのと、読んでいて気持ちがよい、というのがあるので、まあ暫く続けてみようと思う。
対して写真は、まるっきりセンスがないというわけでもなく、それが却っていけないなあと思ってしまうことしきりであります。センスがなきゃ諦めもつくんだけど、まだ何かやれるはずだ、なんて、考えてしまうので。