酷いニュースだと思う。
こんな境遇の子供を苛めた罪は重い。それは弁護のしようがない。だが苛めている方にも、何らか理由があろうという気もしなくもない。

この子供達がどうかは知らないが、昨今夜出歩けば、例えばファミレスでご飯食べてる時でもいい、とにかく夜、子供の姿をよく見る。
夜の8時や9時まで、塾だなんだと、子供が外を出歩くなんて、異常だ。
誰がこんな世の中をデザインしたのか。我々大人全員だ。馴れ合いの仕事でダラダラ残業して、電車の中で隣の人を肘で押しやってはスマホの世界に食い入るように没頭して、自分の娯楽だけ追求する、ネットを見れば誰かの不倫やら失言やらをイナゴみたいによってたかって叩く、テレビを見れば下らない芸人が暴言吐いて笑いをとる。
そして子供達には、そんな風になって欲しくないと、勉強させる、そんな我々大人全員全てが、今の世の中を作ってる。
今の子供達は、そういう事全ての成れの果ての世界に、乗らざるを得ない。

今、自分の子供に何を教えたいだろう。何か一つ大事なことを教えるとしたら何だろう。

今自分はこう思う。
「人の痛みをわかる人間になれ」と。

人の痛みをどうにかしてあげろなんてことは要求しない。できない。この歳になれば分かるが、自分のことだけで精一杯だ。人のことをどうにかしてあげられるのは、時間やお金に余裕のある人間か、余程の人格者だけだ。
だけどせめて、人の痛みをわかってあげられるようになって欲しい。自分とは立場の違う人の痛み。自分がその状況に陥った時にどうなるか想像できる力。共感してあげられる心。

写真でも何でも、表現行為が人の考えや行動に関与しようなんて考えると、だいたいロクなものにはならない。だけどもしも可能なのであれば、自分の表現がそういう事に向かわせる力になれたとしたら、いいと思う。人の痛みをわかるための何かに。ゆくゆくそういうものになっていけばいいと思う。

まだまだ表現力が伴わない。まだ今は、心の痛みの上っ面をなんとなく絵にしているだけだ。でもその先に目指すべきところは、そういうところだと思う。だって、自分が生涯かけて伝えたいことがあるとしたら、つまるところそういうことなのだから。