EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

2012-08-17 21:43:20 写真1

3日くらいこのエントリーを書いては消し書いては消し。何を言うべきか、何を言わないべきか、というか誰が読むのか、何を遠慮してるの私は?等々、キリがなくなってきたのでひとまず以下、、、

iPhonegrapherという言葉を巡る一件に起因して僕は、関係両者のブログに記載がある通り、iPhoneography Users Group Japanを脱退させて頂いておりました。
その後の経緯は、各々のブログでも明らかにされてますが基本、言葉そのものは自由である事、その解釈に基づいて各々元通りに独立したグループを設立なり運営なりするという方向でひとまずの決着となったと認識しています。

というわけで、iPUGJに復帰したいと思います。て言うとかなり端折った感じがするじゃないですか。実際端折ってるんですけど。適当に解釈願います。って誰に言ってるのかもよくわかんないし。

ただ正直、iPhoneographyという言葉の寿命は、この先持って2年位じゃないかと思うのですよね。次のiPhoneは1,200万画素って噂もありますが、そうなると、アートフィルタとか搭載してるコンデジやらミラーレスと何が違うの?って話です。もしiPhoneographyという言葉が残るとしたらそれは「iPhoneならではの加工作品」を指すように変質して行くのだと思うんですが、というか、僕が勝手に誤解してるだけで実際iPhoneography.comとか見てても本筋はそれ、ってな気もするんですが、だとしたら僕なんかiPhoneographerかと聞かれたら、わからんなぁ、どうなんすかね?と思ったりもして。前に書いたか忘れましたが自分、PCもMacも持ってないんで、物理的側面においては紛うこと無きiPhoneographerなんですが。
(ついでに言うとFlickrアイコンがデフォのままなのはiPhoneから設定できないからです!早よ対応せい!)

突き詰めると、肩書きはなんでもいいんですけどね。朝から蝉が煩いな。と書いたのは昨日の朝5時で、もう夜ですけどね。

関係者各位殿、本件、以上です。
とりとめなくてすみません。

2012-08-14 22:07:30 写真1
ぶっちゃけこのブログ見てる人って5人いるかいないか位だと思うんですが、わざわざ来て頂いたとしたら折角なので、僕がよく見ているサイトを紹介したいと思います。

RANGEFINDER
ヨドバシカメラのコンテンツ。スコット津村さんのコラム、記事も写真も素敵なので是非全部見てください。
ちなみにスコットさんの本業はゲームクリエイターで「スペランカー」の制作に携わった方だという事をつい最近知って驚いた。

Kent Shiraishi Photo Studio
「美瑛町の青い池」がMacBook Proの壁紙に採用された、今日本で一番注目されている写真家であろうKent Shiraishiさんのブログ。一見かなり厳しい事を書かれていますが、どれも至極もっともな内容で、勉強になります。

ARTISAN&ARTIST内コラム ハービー山口の「雲の上はいつも青空」
僕が若かりし頃、音楽誌でよくブリティッシュ系のアーティストの写真を撮られていたのがハービー山口さんでした。この人とあとアントン・コービンさんもですけど、モノクロのアーティスト写真というのが僕は本当に好きでして。
コラムはハービーさんの人間性が端々に滲み出て本当に、読んでいて気分よくなります。当たり前だけど写真もいい。

ManFrotto Imagine More
最近オープンしたばかりで僕なんかManfrottoが何なのかも知らずに見てますけど、隙間時間に読むのにちょうどいい長さの記事が多くていいですね。写真も豊富だし。

DIGITAL CAMERA WORLD
後述するデビッドのブログの紹介で知った、外国のカメラ雑誌のサイト。いくつか初心者にも優しい記事があり、読んでて飽きないです。英語ですけどそんなに難しくはないかな。

iPhone Photographer
友達のデビッドのブログ。超ストイックな奴で、先日ミニチャレンジとかいってポストしてた内容が「同じものを100枚撮ってそん中からベストの2〜3枚を選んで来い!」てな内容でポカーンとしてしまったけど後々考えたら、まぁやってみたら面白いかもなと思えたり。その写真に対する真面目さを見習わないと!と思ってます。

いざ書き出してみたらそんなになかったな(汗) むしろこれ以外のサイトでオススメがあったら教えて下さい!では。


よくない事というのは立て続けに起こるもので、、、まず、仕事でトラブルが起きて、その対応で1日36時間(嘘じゃないよ)勤務を一週間くらい続ける羽目になり、挙句に頭と顔面が腫れて病院で点滴受ける始末。ついには嫁とも喧嘩するわで写真どころでなかったわけです。ここんところ。
ただ、撮る時間があったとしても、結果的には同じだったのかな、というのは、少し考え過ぎで頭でっかちになって(上述の通り本当に腫れてデカくなってたけども)撮れなくなっていたからです。だんだんと自分の中での平均点が上がって行って、つまらんものを撮ってもしょうがないなと思い始めてました。
でもそれって、ホームラン狙いで見送り三振みたいなもんで、日頃から振ってないといい球来ても打てないな、と。自分の場合、延々考えて考えて結論が出るどころかドツボにはまるのですが、たまに覗いているヨドバシのレンジファインダーのページ、スコット津村さんの記事のお陰で出口が見えた感じでした。
所詮僕なんざアマチュアですから、どんどん撮るより道はない!もっとフットワーク軽く、瞬発力を高めたいと思いました。
今日は終電乗り換えを寝過ごして、最寄り駅の一個前が終点の電車に乗るのがやっとで、家まで延々歩く羽目になり、道中道も暗いしパッと目に付くものも大して無い中、それでも40枚くらい撮りながら帰って来ました。そうすると1〜2枚は、悪くないねってのがあるからまぁ、そんな感じで精進しようかと思った次第です。

このページのトップヘ