EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi

2012-09-04 23:56:23 写真1
土曜日から今日まで、ちょっと遅い夏休みを取得してまして、何してたかって言ったら大体写真撮りに行ってたんですが、自分、フォトウォークには拘りがありまして。その拘りについて語る前に一寸逸れるのですが昨日、図書館に行きました。初めて写真関係の本を借りようと色々見ている中で、こういうオジさんは嫌われる、的な本が目に付いて読んだ訳です。曰く、オジさんの自慢、自己アピールは必死であると。それは時代に取り残される恐怖感に端を発すると。成る程、僕も気をつけようと思いました。
で拘りの話ですが、フォトウォークは苦行でなければいけない、と自分は定義してそう取り組んでいるわけです。おいおい精神論かよ、と思われそうですが多分その通りです。やっぱオジさんだ自分。
しかしですよ、例えば車で現地まで移動して、ああここが噂の撮影スポットやねうんとこしょ、と三脚出してシャキーシャキーと連写しまくって適当な頃合いで帰路に付き、帰りはグルメスポットで美味しいディナーなんて輩にいい写真が撮れるのか?
例えば先日の僕の多摩湖行き。まず家からの距離をiPhoneで調べる。8km、楽勝じゃん、とバッグに水筒入れてママチャリで向かうも実はずっとなだらかな登り坂。タイヤの空気を入れ忘れ激しくペダルが重い。途中、自転車屋で空気入れて「ははは快適!」と意気揚々となるもゴール直前は完全に急勾配の上りで「畜生!この!」とひとり叫びながら西武球場側に到着。心地よい秋風の中ひとしきりシャッターを切り、次は湖の反対側に行ってみるか!と緑深い自転車道を進み始めるや突然のゲリラ豪雨。ずぶ濡れになって山道の出口に小さな公衆トイレ発見、先客のおっちゃん2人と仲良く雨宿り。おっちゃんベチャベチャになったおにぎり食ってるし。雨が上がってようやく反対側、狭山自然公園側に辿り着いたらこれが本当に絶景。うぉ〜生きててよかったぜ!と生命賛歌、いきおい100枚くらい撮りまくる。日没まで粘って帰路に着くもiPhoneのバッテリーが切れ予備バッテリーも使い果たし、結果何故か同じマックの前を2巡してしまった為、これも運命かとマックに入ってiPhone充電、帰り道を確認。充電待ちの間にカメラロールを確認し編集、Flickrにアップロードと、なんでこんなに大変なのかね?まぁ利点は幾つかあって、まず金がかかんない(笑)、あとそんだけ苦労して行ったからには意地でも手ぶらじゃ帰れないと気合が入る、といったところでしょうか。
とにかくそんな風にしてこの休みに撮った写真で、先日のご報告から3日連続で!iPhoneographyで!500pxにポピュラー入りしております!前は幾らポストしても黙殺されてたのに何が起きたんだ?って感じなんですがまぁ、苦労が写真に滲み出た、もとい、結実した、と理解する事にしました。以前ポストした写真もそれはそれで相当、というか毎回漫画みたいにフォトウォークは苦行なんですけど。でも何だかんだ行って楽しいんですね、そのやり方が。マゾか。まぁ楽しんで撮るのが大事だと思いますし、結果が伴ってくると更に楽しいな、と感じる今日この頃でした。
以上オジさんの自己主張、自慢大会で本当にすみません。ていうかこうやって自分を鼓舞してかないとすぐ駄目になるんですよ、オジさんは。

”The smell of autumn” in 500px.
“A Water Jar, Old style Japanese” in 500px.

2012-09-02 20:33:22 写真1

Flickrは閲覧数こそ増えて来ましたがなかなかExplore入り出来ず、悶々とする日々が続いていたのですがそんな中、なんとなんとこのトップの多摩湖の写真が!500pxでポピュラー入りしまして!、、、

嬉しいなぁ!!!!

iPhoneographyでDSLRとかとガチンコで戦う!なんて言ったもののそりゃあ殆ど勝ち目ないんじゃないの、と自分でもテンション下がり気味だった上、iPhoneography関連のサイトでも最近は鳴かず飛ばずでちょっと方向性を見失いかけてたとこのこれで、いやホントに、、、頑張りゃいい事あるよ!!!俺この週末、神社五箇所くらい行ったんですけどいやいや、おいら神様を信じなきゃいかん!
なんて言ってますけど実は昨日この写真を撮りに行く前に、NyanJirooさんという、僕も大好きな大変に素晴らしい写真家/iPhoneographerの方に、写真展がきっかけでメール頂き非常にテンションが上がっていたこと、あと方向性でモヤモヤしてた時に盟友のオサムさんに頂いた何気ない一言、あとはデビッドの「同じもの100枚撮って来い!」アドバイス、そういう皆からの言葉に非常に後押しされていたという事実がありまして。本当に、人生って嫌になることも沢山あるけど、捨てたもんじゃないな、面白いな。写真の評価も勿論ですが、写真を始めた事による出会い、それによって自分が変化・成長してくというのが何でしょう、ああ、人生ってこういう事か、と40過ぎてからの気づきが新鮮です。ちょっと興奮冷めやらずでとりとめがないですが以上、ご報告でした!

“Sunset on Tama Lake” in 500px

2012-08-27 20:44:30 写真1

今日から、僕の写真のWeb展覧会が始まりました!

TokyoGyango’s Photo exhibition – Shadows and Light in Ordinary Life in Tokyo.

僕の所属するThe iPhoneography User Group Japan内のコンテンツである「Web展覧会」内で、26点(イントロアウトロ含め)の写真を公開しております。
写真自体はFlickrやその他のSNSでも公開はしていましたが、今回展覧会という事で、どのようなテーマでどの写真を選ぶかというのは少し悩みましたが、今回は全編モノクロで、今まで撮り貯めた中から「構造物」「自然」「人々」の三つのテーマで並べてみました。
僕の写真は編集とかあまりしてないように見せて、実は結構編集には時間かけてまして、しかしWeb等で手順を公開されてる方のやり方と比べたら圧倒的に編集の手数は少なくて、どっちなんだよって話なんですが、とにかく光を自分なりにうまく表現したいな、というのが拘りで、それは撮ってすぐに編集アプリで加工始めてものの5分で思う結果を得られる場合(池の写真がそんなでした)もあれば、何日も何回もやり直してようやく満足行く場合もあり(お爺さんと自転車の写真はそれでした)、とにかく満足行く仕上がりになった瞬間、それが最高なんです。
それでもその後Flickrにアップして、他の人の素晴らしい写真見て感動して、肩落ちる毎日ですが、そんなこんなの諸々の成果を今回皆様にお披露目する事が出来、誠に嬉しい次第です。
Flickrではカラーの写真も頑張ってますので、是非そっちも見て下さい!気軽にコンタクトに入れたって下さい!以上でした。

このページのトップヘ