EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi



あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。


さて、昨年末にふと見たTwitterのタイムラインで知人が、とあるブログのアートに関する記載について、所感を述べていました。どの記事かというのはどうでもいいので細かくは触れませんけど、とにかくそれをきっかけに、僕もしばらく、自分のアート観を考えてました。

僕にとってアートとは「無から有を作り出す」こと、基本的にはそれ以上でも以下でもないです。
故に、工業製品でもアートたり得るし、建築物でもアートたり得る。市販の何かにサインして作品です、と言おうが、他にないものであったなら、それもアート。

それくらいの捉え方なので「アート」という言葉を口にすることに特段、躊躇うような事もない。人によっては、写真家風情がアートとか、そんな風に思う人もいるみたいだけども。そういう人はアートってものを、ちょっと大上段に捉えすぎなのではないかと思うのですが。

目下、自分にとっての一番の問題は、自分がどれだけそのような「無から有を」生み出す力があるのか、と。
昨年2月にやった個展では、僕は灯台の帽子を作り、それを被った姿を自撮りして、灯台男なるものの写真群を制作しました。今のところそれを再び個展という形で展示する予定はないので、改めて僕自身の言葉で説明させて頂くと、それは離婚して子供に会えない中年男の心情風景でした。勿論、違う解釈をして貰えたら、それはそれで構わないんだけども、動機はそういうことであるし、そういう「有」を作り出す事によって、自分の感情に折り合いをつけたかったのでした。

で、ここまで書いたことはあくまで作り手側の話であって、アートの目的としては、受け手にも何らかの影響を及ぼすことが必要で、まさにそこにアートの価値が生ずるのですが、そこが一番難しいところであって、受け手を置いてけぼりにするアートに、価値は発生し得ないのです。まあそれでもいいよ、ってのが昨年の個展だったのですけども、2017年は、その辺のバランスをもう少し考えていければよいと思うのですが。

僕は、若い人たちより間違いなく先が短いのだから、そういったチャレンジをとにかく休まず続けていかないとな、と思います。

というわけで2017年、皆さんにとっても実り多い年になりますように。






今年もそろそろ終わるので、鬼を笑わすために来年の話でもしようかな。

The App Whispererというモバイルフォトグラフィー系のサイトから、年末になると来年の抱負書きます?とメールが来て、もうそんな季節か、となる。この歳になるとホント1年が早い。個展をやったのは本当に今年だったのか。本当は5年くらい経ったのではないか。というくらい。

ここ数年は写真の加工も殆どせず、撮るときに全てを決める一発勝負撮りに没頭してたのだけど、来年はちょっと技巧派になろうかなと。幾つか試したい技巧がある。


それと来年は、ネットは控え目にしたいかな。ネットは自分にとっては、海外の人に写真を見て貰う唯一の手段ではあるけれど、こと国内に限って言うと、ネットで広がるということは、ネットで広がること以上でも以下でもなく、それ以外大した意味も無い。5年やってわかったけども。
自分がネットで学べることも、ネットの人脈から得られるものも、そろそろ見当たらなくなってきた。気が向いたときにこのブログを更新して、気が向いたらポートフォリオの写真を更新して。何かやるなら一応告知して。そんなものでよいだろう。


予定としてはなんとか7月までには個展をやって、年末までには写真集を作って。写真集は今年の個展と来年の個展と、冒頭書いた試したい技法での3テーマをまとめて、自分用と、誰かに見せる用と作って。もうかつてほど「みんな見てくれー」という気持ちでもないので、それさえ出来たら、自分は満足かな。来年はそんな風に、自分の表現を自分なりに淡々と追求出来たらと願います。





酷いニュースだと思う。
こんな境遇の子供を苛めた罪は重い。それは弁護のしようがない。だが苛めている方にも、何らか理由があろうという気もしなくもない。

この子供達がどうかは知らないが、昨今夜出歩けば、例えばファミレスでご飯食べてる時でもいい、とにかく夜、子供の姿をよく見る。
夜の8時や9時まで、塾だなんだと、子供が外を出歩くなんて、異常だ。
誰がこんな世の中をデザインしたのか。我々大人全員だ。馴れ合いの仕事でダラダラ残業して、電車の中で隣の人を肘で押しやってはスマホの世界に食い入るように没頭して、自分の娯楽だけ追求する、ネットを見れば誰かの不倫やら失言やらをイナゴみたいによってたかって叩く、テレビを見れば下らない芸人が暴言吐いて笑いをとる。
そして子供達には、そんな風になって欲しくないと、勉強させる、そんな我々大人全員全てが、今の世の中を作ってる。
今の子供達は、そういう事全ての成れの果ての世界に、乗らざるを得ない。

今、自分の子供に何を教えたいだろう。何か一つ大事なことを教えるとしたら何だろう。

今自分はこう思う。
「人の痛みをわかる人間になれ」と。

人の痛みをどうにかしてあげろなんてことは要求しない。できない。この歳になれば分かるが、自分のことだけで精一杯だ。人のことをどうにかしてあげられるのは、時間やお金に余裕のある人間か、余程の人格者だけだ。
だけどせめて、人の痛みをわかってあげられるようになって欲しい。自分とは立場の違う人の痛み。自分がその状況に陥った時にどうなるか想像できる力。共感してあげられる心。

写真でも何でも、表現行為が人の考えや行動に関与しようなんて考えると、だいたいロクなものにはならない。だけどもしも可能なのであれば、自分の表現がそういう事に向かわせる力になれたとしたら、いいと思う。人の痛みをわかるための何かに。ゆくゆくそういうものになっていけばいいと思う。

まだまだ表現力が伴わない。まだ今は、心の痛みの上っ面をなんとなく絵にしているだけだ。でもその先に目指すべきところは、そういうところだと思う。だって、自分が生涯かけて伝えたいことがあるとしたら、つまるところそういうことなのだから。



このページのトップヘ