EYESIGHT/INSIGHT - Photography blog by Keisuke Takahashi


随分前に書いたけど、5年前に初めてiPhone4S買って、はじめに入れたアプリがInstagramであった。その時点でもう相当なユーザー数がいたし、ここじゃ上には行けなさそうだなあと思って、すぐにtadaaっていう写真SNSアプリを根城にするのですけど。まあ当時はそんな戦略的な事も何となく考えていた。若かった。

そして2016年もそろそろ終わる、現在。
とっくの昔にtadaaはなくなったし、競合だったEyeEmも後発のVSCOCamも、はたまたHipstamaticの始めたOgglも、どうなったのか全然知らないが、多分ほぼ全滅状態だろう。Twitterですらダメになりつつあるくらいだし。

ここ数日ネットを賑わせているWelqのニュースが端的に示しているように、インターネットはビューを稼ぐためのノイズだらけになってしまった。ブロガーは広告収入狙いで、それってテレビがずっとやってきたことの後追いでしかなくて、なんとなくいつか来た道というか、閉塞感のようなものが漂いつつある、気がしてる。

閑話休題。
そういった中でInstagramは、Facebookとくっついた事が結果的にはよかったってことなのだろうけども、うまいこと続いているなあと、そういう感じである。
とはいえその趣は、随分と変わってしまったわけだが。というか、変わったからこそ、未だに続けられているのだろう。今やInstagramは、写真作品発表の場ではなくて、写真を介したコミュニケーション手段として、唯一無二の場所を提供している。今のところ。

自分はもう長いこと、@monochromegyangoというアカウントをメインで続けているけども、モノクロ縛り、ってのがあるだけで、それ以外写真の一貫したテーマ性もなければ連続性もなく、その日撮ったものや思いつきを好きにアップしている。フォロワーも増えないし増やしてないし、コミュニケーションらしいコミュニケーションもしないし、何のために続けてるのかな?と自問自答することもあるのだけど、何となく気づいたのは、写真をアップした途端に、写真が突然客観的なものになって、色々個人的に考えさせられる事はあるんですよね。まあそんな思考訓練の場として便利、てな風に、自分の中では位置づけています。

まあそういう風に使うのも別に悪かないだろうし、今となってはそういうところもなかなか他にないわけで、なくならずに続いて欲しいな、とは思います。




自分のiPhone6sで、夜の街や暗い建物の中を撮ると、シャッタースピードが遅くなるので、あらゆる物がブレる。

テクノロジーの進化というのは、カメラでいえば、こういったブレなどを防ぐ方向でどんどん進んでいく。必要かどうかはさておき、改善の余地がある部分をどんどん改善していく、というのがテクノロジーの進化だ。今日のいいカメラであれば、シャッタースピードの最速は数万分の1秒まで行けるし、ISO感度も数十万の桁が常用出来る範囲まできてるみたいなので、もう10年も経ったら、どんな悪条件下であれ、オートでブレてる写真になることはなくなるのかも知れない。

だが「ブレてる写真」も、失敗写真と捉える人がほとんどに違いないが、今の時代のテクノロジーのカメラを街に持っていって、シャッターを切らなければ得られないものであって、絵空事ではない、ひとつの紛れもない現実だ。

みたいなことはきっと、何年も前に森山大道氏が言及していそうな気はする。


自分は、上に書いたようなことは全て、自分の経験の上から辿り着いた見識だが、大道氏がいち早くそれに気づき、追求して、自らをアレ・ブレの作家として一時代を築いたのであるから、それは凄いことだ。
それで僕も、殊更こういう作品群として発表しようということに、今はならない。当たり前だが、真似としか取られないから。もしやるとすれば、こういう写真を撮り続けて(実際撮り続けているのだが)その先の何かに表現として到達することができるかどうか、だ。

大事なのは、誰からの受け売りでもなく、自らの経験上で、自己の見識を得ることだ。自分で見つけることだ。
誰かに従事したり、お金を払って教えてもらうとして、その見識を得るヒントを貰えるのだとしたら、それはいいことだと思う。ただ、見識そのものは、人からの受け売りではダメなのだ。


もしも、自分ひとりでは何の見識も得られないという状況に陥った場合、それは感性が足りないのであって、寧ろ感性を磨くべきであって、それは写真を見ることとは全く別のことから得られるかもしれない。

とにかくそういった、自己の見識の積み重ねの果てにしか、自分の表現はない。もしかしたらそうやって辿り着いた方法が、既に誰かが手をつけていたことだった、ということもあるかも知れない。でもその時は、自分自身で辿り着いた表現なのだから、十分な強度を持っているに違いないし、胸を張ってやるだけだろう。


個人的には、そこに辿り着けるまでは無理に表に出すこともないと思うし、なんとすれば見つからず死んでしまったとしても、残念だがそれは仕方ない事だ。誰かの真似事をして作品を発表することなんかより、数万倍もいい。

自分で見つけること。それが一番大事なことだ。

このページのトップヘ